猫が自分の爪を噛む?引っ張る?ちょっと心配になるこの行動の原因と対策は?

猫が爪を噛む・引っ張るのはなぜ?


画像:flickr

猫が爪を噛んでいるとき、「爪切りが十分にできていないのかな?」と心配になるかもしれません。

癖のように手や足の爪をカミカミ、、少し心配になる行動です。

このような行動は何が理由なのでしょうか。原因と対策についてのまとめです。

猫が爪を噛む原因は??


画像:flickr

爪を噛む理由は下記のものがあります。

1,体のお手入れ
猫の習性にグルーミングという行為があります。
この行動は基本的に体をなめて綺麗にするという行動をさしますが、爪のお手入れもグルーミングの一種に含まれます。
猫の爪は人の異なり、伸びるのではなく脱皮します。古い爪はぽろっと剥がれて、新しい鋭い爪が出てきます。
そのため、今の爪が古くなってくると猫は新しい爪を使うため、剥がそうとするのです。このような行動はごく自然な習性。特に心配する必要はありません。

2,ケガや痛みを感じている場合
爪を噛む理由として、ケガや痛みを感じている場合もあります。おもちゃで遊んでいた時や、爪研ぎを激しくやってしまった時などに爪や指を傷つけてしまうこともあります。そのような時は、爪に違和感を感じてしきりにガシガシ噛んでしまうことがあります。いつもより爪を噛んでいたり、気にする仕草が多いと感じたら爪が傷ついていないかチェックしてあげましょう。爪の根元が赤かったり、おもちゃの糸くずなどが絡まっていることがあります。

3,ストレスが溜まっている場合
猫はストレスを溜めやすい生き物。生活の環境が変わったり、季節の変化などでも敏感になったりします。ストレスには様々なサインがありますが、爪を噛むことは自傷行為の一つ。しっぽを追いかける行為などと同じくストレスの可能性があります。そのような時は、猫に必要な日光浴が十分できているか、他のストレスのサインもみられないか普段の行動をチェックしてあげましょう。


爪のお手入れは定期的にしてあげよう。


画像:flickr

飼い猫の場合、爪を使うシーンが少なく爪が古くなって剥がれ落ちる頻度が少ない可能性もあります。

家の中に爪研ぎを置いておいても、猫ちゃんは「ちょどいい硬さのものでバリバリしたい、、」と思っているかもしれせん。

猫ちゃんお気に入りの爪研ぎがあれば、自分から爪研ぎをいっぱいしてくれるのですが、あまり積極的に爪研ぎをしない猫ちゃんもいます。

そのような場合は爪を定期的にケアするため、飼い主さんが爪研ぎをしてあげましょう。

少し難しいと感じる人もいるかもしれませんが、コツを掴むと猫ちゃんも安心して爪を触らせてくれるようになります♪