猫の呼吸がおかしい??呼吸が早いとき・遅いときそれぞれの確認事項は?

「猫の呼吸がおかしいな?」と感じたときは??


画像:flickr

猫ちゃんの体調が悪い時には呼吸が浅くなったり、苦しそうに呼吸をしたり、「ピー」と音がなったり異変が起こることがあります。

普段はあまり気にならない猫ちゃんの呼吸ですが、異変があると飼い主さんでもその変化がきになるかもしれません。

「様子がおかしいな?」と感じたときはどのような点に気をつけ、確認をすべきでしょうか?

猫ちゃんの呼吸に異変がある時の原因と対策についてのまとめです。

猫ちゃんの普通の呼吸はどんなもの?


画像:flickr

猫ちゃんの平均的な呼吸の回数は1分間に20~30回ほど。

呼吸回数は吸って吐いてを1回とカウントします。

人間の場合、呼吸の回数は1分間に18~25回程度が平均とされているため、人より少し回数が多いと感じるくらいが猫ちゃんの平均的な呼吸のリズムです。

呼吸に異変があると感じたときは、猫ちゃんの呼吸を数えてみましょう。

運動をした後ではなく、横になってゆっくりリラックスしている状態の時に呼吸をカウントします。

1分間に20~30回という目安をもとに呼吸が多い・少ないを観察してあげましょう。

呼吸が早いと感じるときは?


画像:flickr

呼吸が早いと感じるときは、猫ちゃんが苦しいと感じている可能性が高いです。

・運動後でもないのに呼吸の回数が多い。
・口で喘ぐような呼吸をしている。
・鼻が詰まって「ピー」という音がする。

といった症状のケースとなります。

風邪の症状で鼻が詰まって呼吸が苦しかったり、暑さで熱中症になっている可能性があったり、食べ物にあたってしまいお腹を下しているという可能性があります。

このような状態のときは、体調不良が原因であるため体の不調が出ていないかチェックしてあげましょう。

特に注意したいのが熱中症の場合。

猫は毛皮に覆われており、上手く体温調節をすることができません。

そのため、体温が上がってしまった時に呼吸を早く行って体温を下げようとします。

このようなパンティングという行為がみられた場合には、熱中症に対する対策を行ってあげましょう。


呼吸が遅いと感じるときは?


画像:flickr

呼吸が遅いと感じるときは、猫のケガが原因で呼吸が上手くできていない可能性があります。

・苦しそうな呼吸で体もぐったりしている。
・お腹をへこませるような呼吸をする。

といった症状があります。

例としてはケガで肺に異常が出ている場合や、喉に異物を詰まらせて呼吸がしずらいと感じてる可能性があります。

また、呼吸がとても早くお腹をへこませて呼吸するような状態(努力呼吸)の場合は「横隔膜」に異変が出ている可能性が高く、緊急の治療が必要な可能性もあります。

このような場合は早急に病院での診察が必要となります。

【夏バテ注意!】ハムスターの夏の暑さ対策の確認事項まとめ!

ハムスター,寝てる,夏バテ,写真,画像

ハムスターの夏バテ対策とは?

ハムスター,寝てる,夏バテ,写真,画像
画像:flickr

気温が高くなってくる季節はハムスターにとっても辛いもの。

室内で飼っているハムスターにとっては、室温の変化などの影響も受けやすく、うっかり締め切った部屋に放置してしまうと体調が悪化してしまうこともあります。

ハムスターはもともと、砂漠に生息していた生き物で暑さには強い生き物ですが、ペットとして飼育する際、暑さ対策として注意すべき点があります。

ハムスター飼育の室温は何度が理想?


画像:flickr

ハムスターにとっての適温は何度くらいが理想なのでしょうか?

理想とされている温度は20~25度

飼い主さんが外出してしまい、部屋を締め切ってしまうと室温が30度を超えてしまうこともあります。

ハムスターが熱中症や脱水症状になってしまわないよう、適切な温度をキープしてあげましょう。

また、注意点としてハムスターのケージの近くでの温度を把握することが必要です。

エアコンなどで室温を把握していても、風通しが悪い場所や窓の近くで外気の影響を受けやすい場所では、想像以上に室温が高くなっている可能性もあります。

ペット用品では爬虫類用の温度計など、安くて簡易な室温計もあります。

ハムスターがかじってしまわないように、手の届かないケージの近くに設置して温度管理をしてあげましょう。



また、湿気対策として注意すべき点、蚊取り線香や虫除けなど夏特有の注意すべき点もあります。


暑さに強いハムスターの種類とは?


画像:flickr

ハムスターの種類の中でも暑さに強い種類と、弱い種類がいます。

それぞれの種類の特徴を理解しておきましょう。

[ゴールデンハムスター]
→暑さに強く、寒さに弱い

[ジャンガリアンハムスター]
→気温に敏感なため、暑さにも寒さにも弱い

[ロボロフスキーハムスター]
→暑さに弱いが、寒さには比較的強い

また、飼育の際は湿度にも注意しましょう。ハムスターの適切な湿度は40~60%くらいが理想です。

もし、ハムスターがぐったりしているといった時には熱中症の可能性もあります。

ハムスターが熱中症になった場合の対策方法も覚えておきましょう。

ハムスターの成長段階にも敏感に。

ハムスター,赤ちゃん,画像
画像:flickr

ハムスターの成長段階によって、温度管理は特に慎重になる必要があります。

生まれて間もないハムスターや、病み上がりの場合には体の機能がまだ弱く外気の変化で体調を崩しやすくなる可能性があります。

また、育児中のハムスターは特に温度管理が重要。

20~25度の適温をキープし、母親ハムスターのストレスを溜めずに子育てできる環境が必要です。

【夏の暑さ対策!】猫にこんな症状が出たら要注意。

猫 熱中症 予防 対策 画像

ペットの夏の暑さ対策はどうすればいい?

猫 熱中症 画像 症状
melanie_ko

夏の暑い季節は、ペットにとってもとても辛い季節。

気温が上がってくる時期はペットも熱中症のリスクが高まり、事故が増える傾向があります。

熱中症は気温が高い7〜8月ではなく、6月と10月の気温の変化の差が激しい季節に増加する傾向があります。

猫と犬のそれぞれの熱中症の体調不良のサインを見逃さないようにしましょう。

どのような行動に注意すべきか、また必要な対応はどのようなものか下記の記事内で紹介しています。


猫の熱中症は飼い主さんが留守番の際に起きることが多いです。
留守番の際も快適な環境を作ることが重要です。


犬の場合は特に散歩の時間に注意が必要。
夜の時間の散歩であっても、アスファルトの熱の影響に注意が必要です。

部屋を快適にするためにできる方法は?

猫 熱中症 予防 対策 画像
melanie_ko

熱中症対策としてまず気をつけるべきなのが部屋の温度

特にペットが留守番をしている場合に要注意です。

カーテンを開けっぱなしにしていると直射日光が部屋に差し込み、室温がどんどん上昇してしまいます。

また、窓を閉め切っている場合も、同じことが起こる可能性があります。

特に猫の場合は脱走しないために、窓を閉め切ってしまう家庭が多くあります。

外出の際は、換気扇や扇風機で部屋の風通しを良くしておいたり、エアコンで室温を快適にしておくことを忘れないようにしましょう。

猫の種類によっても注意が必要。

猫 熱中症 種類 画像
melanie_ko

猫の種類の中でも鼻が低い種類は体温調節が苦手なため注意が必要。

一般的に「鼻ぺちゃ種」と言われるエキゾチックショートヘア・ペルシャ・ヒマラヤンなどの種類です。

猫の体は体毛で覆われているため、汗をかいて体温を下げることができず、体温を下げる際は呼吸を激しく行います。

そのため、鼻が小さく激しい呼吸が苦手な種類は体温調節が苦手なのです。

部屋の中に涼しい場所を作ることも重要ですが、外出の際は飲み水の管理にも注意しましょう。

猫の体温調節の方法として、水分摂取はとても重要。

猫の中には飲み水を置きっぱなしにしてしまうと水をひっくり返してしまう子もいるかもしれません。

そのような猫ちゃんのためにはこぼしにくい給水器を用意してあげましょう。

容器からこぼしてしまって、猫が水を飲みたい時に「飲む水がない!」といったことを防ぐことができます。

また、水の管理で注意したいのが衛生面です。

容器の掃除を定期的行い、設置場所は風通しが良く直射日光が当たらない場所に設置しましょう。