フクロウの飼育の基本情報。値段やしつけ、トリミングは必要??

フクロウ,値段,金額,ペットショップ,販売

ペットとして人気のフクロウ♪飼育は難しい?

フクロウ,飼育,しつけ,値段,価格,寿命
画像:flickr

ペットとしても飼育されているフクロウ。

丸い眼とちょこちょこしたかわいらしい仕草から人気を集めている動物です♪

最近では、フクロウカフェも多く登場しテレビなどでも取り上げられることが多くなっています。


そんな見た目の可愛らしいフクロウですが、まだまだペットとしては普及し始めた段階。

飼育の注意点はどのようなものなのでしょうか。

値段はやっぱり高め??

フクロウ,値段,金額,ペットショップ,販売
画像:flickr

フクロウはペットショップでも販売されていることもありますが、まだまだ一般的ではない動物。

犬や猫と異なり、入荷の状況などで値段が大きく変動します。

最も一般的でありペットとして人気の「ヨーロッパコノハズク」でも平均的な値段は10~20万円ほどとなっています。


フクロウを買う際にはケージや止まり木など必要なものを用意してあげましょう。

一般的な小鳥用のケージなどではなく、フクロウ専用のケージを用意してあげる必要があります。

フクロウは体のサイズが大きく、小さなケージでは暴れて羽を傷つけてしまうことがあります。

ケージは視界が正面のみにあるものが理想。周囲が見えるようなケージだと警戒心の強いフクロウにとっては安心できる場所とならず、ストレスの原因となってしまいます。


また、飼育のエサ代も月に1万円ほどが平均となっています。

フクロウは猛禽類という肉食の動物。エサは肉食が中心となっておりマウスやヒヨコ、ミルワームといったエサを与えてあげる必要があります。

また、フクロウは寒さには強いですが、暑さには弱い生き物。

夏場の温度管理が適切でない場合は体重が極端に落ちてしまうことがあります。

エアコンや扇風機、水浴び場といった温度管理の費用も必要となってきます。

フクロウの購入費用は平均的に10万~20万円ほど。飼育の準備に3万円ほど。維持費用は月に2万円程度が必要となってくるでしょう。

フクロウは人になつくの??

フクロウ,ペット,なつく,値段,寿命
画像:flickr

長い期間飼育されているフクロウは人になつき、甘えたり膝の上で寝ることもあります。

しかし、フクロウを飼育する場合、なつくまでには時間がかかることを知っておきましょう。

フクロウは警戒心が強くストレスに弱い生き物。

無理に触ろうとすると、鋭いくちばしで噛まれたり、爪で怪我をする可能性もあります。

そのため、人と触れ合うには時間をかけてゆっくり慣れさせる必要があります。

エサをあげることで、人を飼い主と認識するので、餌やりから徐々にスキンシップを図っていきましょう。

フクロウの寿命はどのくらい??

フクロウ,寿命,大型,小型
画像:flickr

フクロウの寿命は飼育環境や種類によっても異なりますが、小型のもので10~15年、大型のもので20~30年ほどが平均となっています。

飼育する際は、爪やくちばしのお手入れが必要になってきます。

鋭いフクロウの爪やくちばしは、定期的に切って整えてあげる必要があります。

とっても繊細で技術のいる作業のため、飼い始めの際は獣医さんや、トリミング専門のお店で依頼をしてあげることがベスト。

フクロウとその飼い主さんが怪我をしないためにも、定期的なケアは行なってあげましょう。

コツメカワウソってどんな動物?ペットとしての飼育方法は??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,

コツメカワウソってどんな種類??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

とっても可愛らしい表情で人気が集まってきている動物「カワウソ」♪

愛くるしい表情や仕草など動物園でもイベントがあると大変注目が集まります。

最近ではカワウソ人気からカワウソと触れ合うことができるカフェも登場しています。

カワウソには様々な種類がいますが、日本の動物園などで見かけるのは「コツメカワウソ」という種類。

コツメカワウソとはどんな種類なのでしょうか??

コツメカワウソの特徴は??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

コツメカワウソは東南アジア(インドシナ半島・マレー諸島)に生息しているカワウソ。

川辺の地域に生息し、10頭ほどで家族で縄張りを作って集団生活をしています。

コツメカワウソはカワウソの中でも小さな種類。

体長は50センチほどで体重は3〜5キロほどが平均です。

前足がちいさく、ちょこっとした可愛らしい爪が名前の「コツメ」の由来となっています。

意外とペットとして飼育しやすい??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

カワウソはもともと家族で生活している生き物。

そのため、コミュニケーションが取ることが得意な動物です。

人間に慣れてくると芸を覚えることもできるのです。

こんなに可愛いい芸もできます♪


コツメカワウソの生態は??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

野生のカワウソの寿命は平均して5~10年ほど。

飼育されている環境のカワウソの場合、15年近くも生きることもあります。

カワウソは昼行性で主な食事は、貝や魚など。

飼育されているカワウソの場合、フェレットフードでも代用は可能です。

また、カワウソはとっても遊び好きな生き物。

飼育する際には水遊びができる環境が必要になります。

ペットとして飼育することは難しい??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

とっても可愛らしいカワウソですが、ペットとして飼育することは難しい動物です。

その理由は以下のものがあります。

①飼育費用がかなり高い

カワウソはペットとして珍しい生き物。そのため、ペットショップなどでも滅多に販売されていません。

稀に販売されていることもありますが、金額はとっても高額。50万円以上といった値段がすることもあります。


また、エサ代なども貝や魚などが必要なことから一般的なペットと比較して高額になります。

②病気の際に対応が難しい

カワウソは珍しい動物のため、万が一病気になった際犬や猫と比較して診察が難しい動物です。

十分な体制の整っている動物病院でしか診察ができないケースもあります。

また、ちょっとした飼育の疑問なども飼育している人が少ないことから本やネットでも情報が少ないということもあります。

③飼育の際には十分なスペースが必要

カワウソはとっても遊び好きな生き物。

そのため、遊びまわったり、水浴びをしたり十分な生活のスペースが必要となります。

また、しつけが難しいことも飼育が難しい理由のひとつ。

ペットとしては歴史が浅いため、しつけが難しい動物です。

とっても可愛らしいカワウソですが、ペットとしての飼育は難しい生き物。

最近では動物園や、カワウソと触れ合えるカフェなどもあるので気軽に触れ合って見ることもいいかもしれません♪

ペットとしてミニブタを飼う時に知っておくべきこと。

ミニブタ ペット

■ミニブタのペットとしての魅力。

ミニブタ ペット
画像:flickr

最近、ミニブタをペットとして飼う人が増えている事をご存知でしょうか。

人気のきっかけはイギリスで注目されたこと。

ミニブタの知能が高い事が注目され、しつけや人間との交流ができるということが分かりました。

ミニブタの知能は高く、犬や猫よりも賢いともいわれています。

中には、犬と同様にお手なども覚える事もできるのだとか。

そのため、海外でペットとして飼う事が注目され、人気が高まっているのです。

芸能人でも元サッカー選手の前園真聖さんや、モデルの森泉さんがペットしてミニブタを飼っているとテレビで取り上げられることもあります。

■ペットとしては非常に優秀。

ミニブタ ペット 飼育 画像
画像:photozou

ミニブタの魅力はとてもキレイ好きという面もあります。

多くの人には知られていませんが、ブタは基本的にキレイ好きな生き物です。

しつけをすれば、トイレや食事場所も簡単に覚えてくれます。

また、飼い主に非常になつくという特徴も持っています。

ブタは野生では集団で生活しています。そのため人間にも触れ合う機会が多くなる事で、交流する事に抵抗は無くなります。

また、非常に頭がいいこともミニブタのペット地しての魅力の一つ♪

ミニブタは犬よりも知能が高いといわれ、人になれることが早く芸も覚えることができるのです。

なつくけどもさみしがり屋さん??

ミニブタ,ペット,飼育,性格,しつけ,なつく
画像:flickr

ただ寂しがりやな一面もあります。

豚は本来集団で生活している生き物。そのため、飼育環境によっては単独でいることがストレスに感じることもあります。

寂しがりやなブタはストレスを紛らわすため、家具をかじったりすることも、、。

犬や猫と比較して力が強い動物のため、飼育で苦労する点かもしれません。

ミニブタは散歩ができるの?

ミニブタ,ペット,散歩,画像,写真,
画像:flickr

ミニブタも室内の飼育環境では、運動不足になるため散歩をする必要があります。

毎日15分ほど外で散歩する時間を作って上げることが理想です。

また、ハーネスは犬用で代用することも可能です。

ブタは力強く、また胴体に引っかかる部分がないため体の胴回りまで覆って止められるものを使用することがベストです。

お散歩中は拾い食いには注意しましょう。

ブタは雑食であり、草などが目に着けば食べようとしてしまいます。

公園の草などは除草剤が巻かれていることもあるため、食べさせないように行動に注意しましょう。

また、ブタは被毛がないため夏の日差しには弱いです。

夏場の散歩は夕方以降の日差しの弱い時間を選び、またアスファルトの熱が冷めたことを確認して散歩に連れていってあげましょう。

とっても珍しい動物のためお散歩中は公園の注目の的になるかもしれません♪

■ブタとミニブタの違いは?

ブタ ミニブタ 
画像:photozou

ミニブタとは一般的な家畜のブタより小さい種類のことをいいます。

一般的な家畜用のブタの大きさは200~300キロ程度の大きさです。

ミニブタとはそれ以下の大きさの種類のことなので、100キロ程度の大きさに成長する種類もいます。

小さい時は2~3キロ程度の大きさですが、成長すればかなりの体重になることもあります。

また、ミニブタよりもさらに小さい「マイクロミニブタ」という種類もいます。