【夏バテ注意!】ハムスターの夏の暑さ対策の確認事項まとめ!

ハムスター,寝てる,夏バテ,写真,画像

ハムスターの夏バテ対策とは?

ハムスター,寝てる,夏バテ,写真,画像
画像:flickr

気温が高くなってくる季節はハムスターにとっても辛いもの。

室内で飼っているハムスターにとっては、室温の変化などの影響も受けやすく、うっかり締め切った部屋に放置してしまうと体調が悪化してしまうこともあります。

ハムスターはもともと、砂漠に生息していた生き物で暑さには強い生き物ですが、ペットとして飼育する際、暑さ対策として注意すべき点があります。

ハムスター飼育の室温は何度が理想?


画像:flickr

ハムスターにとっての適温は何度くらいが理想なのでしょうか?

理想とされている温度は20~25度

飼い主さんが外出してしまい、部屋を締め切ってしまうと室温が30度を超えてしまうこともあります。

ハムスターが熱中症や脱水症状になってしまわないよう、適切な温度をキープしてあげましょう。

また、注意点としてハムスターのケージの近くでの温度を把握することが必要です。

エアコンなどで室温を把握していても、風通しが悪い場所や窓の近くで外気の影響を受けやすい場所では、想像以上に室温が高くなっている可能性もあります。

ペット用品では爬虫類用の温度計など、安くて簡易な室温計もあります。

ハムスターがかじってしまわないように、手の届かないケージの近くに設置して温度管理をしてあげましょう。



また、湿気対策として注意すべき点、蚊取り線香や虫除けなど夏特有の注意すべき点もあります。


暑さに強いハムスターの種類とは?


画像:flickr

ハムスターの種類の中でも暑さに強い種類と、弱い種類がいます。

それぞれの種類の特徴を理解しておきましょう。

[ゴールデンハムスター]
→暑さに強く、寒さに弱い

[ジャンガリアンハムスター]
→気温に敏感なため、暑さにも寒さにも弱い

[ロボロフスキーハムスター]
→暑さに弱いが、寒さには比較的強い

また、飼育の際は湿度にも注意しましょう。ハムスターの適切な湿度は40~60%くらいが理想です。

もし、ハムスターがぐったりしているといった時には熱中症の可能性もあります。

ハムスターが熱中症になった場合の対策方法も覚えておきましょう。

ハムスターの成長段階にも敏感に。

ハムスター,赤ちゃん,画像
画像:flickr

ハムスターの成長段階によって、温度管理は特に慎重になる必要があります。

生まれて間もないハムスターや、病み上がりの場合には体の機能がまだ弱く外気の変化で体調を崩しやすくなる可能性があります。

また、育児中のハムスターは特に温度管理が重要。

20~25度の適温をキープし、母親ハムスターのストレスを溜めずに子育てできる環境が必要です。

ロボロフスキーハムスターの飼い方まとめ。

ロボロフスキーハムスター 飼い方

■世界一小さいと言われるロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスター 飼い方
画像:flickr

世界最小のハムスターといわれる「ロボロフスキーハムスター」

サイズはジャンガリアンハムスターより一回り小さいサイズです。
体長は10センチ程度。
片手の手のひらにも乗るサイズです。

性格は臆病な種類が多く、人にあまりなつかないといわれています。
その性格のため、複数飼いをしてもあまりケンカをしない種類です。

■あまりなつかない敏感なハムスター

ロボロフスキー 飼い方
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターは環境に敏感なハムスターです。
人にあまりなつく事がなく、観賞用に向いているハムスターです。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターは人になつく事があり、手の上に載せてもおとなしくいていますが、ロボロフスキーハムスターは必死に逃げようとします。

ハムスターと遊びたいという人には向いていないハムスターです。
上級者向けのハムスターといえるかもしれません。

■環境には強いハムスター

ロボロフスキー 
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターは寒さに強いという特徴を持ちます。

ロボロフスキーハムスターはもともとロシアやモンゴルといった寒い地域原産のハムスター。

寒さには慣れています。

■ロボロフスキーハムスターの食事は?

ロボロフスキー 食事
画像:flickr

ロシアやモンゴルといった寒い砂漠の地域で育ったロボロフスキーハムスター。

そのため、他のハムスターと比較し、水分の多い野菜はあまり好みません。
エサとしてあげる野菜の量は少量で良いです。

また、肉食性が強いハムスターでもあります。
エサとしてミルワームという小さい虫を食べる事もあります。

■ケージを汚して掃除が大変

ロボロフスキー
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターの飼育は少し手間がかかるかもしれません。

理由の1つとして、トイレのしつけがなかなかできない事があります。
トイレを1カ所でしない習性があり、色んな場所で行ってしまいます。

他の種類のハムスターであれば、トイレのしつけはニオイがついている場所にするようになるのですが、ロボロフスキーハムスターはそういう訳にはいかないケースが多いです。

また、ケージの床材をよく掘る習性を持っています。
もともと砂漠の地域で巣穴を掘って生活している種類のため、地面を掘り、巣穴
を隠そうとする為、床材をばらまいてしまいます。

飼い方としては、金網のケージではなく、爬虫類などを飼うケージで床材を多めに入れた状態にしてあげましょう。

■脱走には気をつけましょう

ロボロフスキーハムスター 画像

ロボロフスキーハムスターはすばしっこく、好奇心が旺盛なハムスターです。

また、体が小さく運動も得意なため、脱走を簡単にしてしまいます。

多くのハムスター用に使われる金網のハムスター用のケージでは簡単に脱走してしまいます。

一度脱走してしまうと、すばしっこいため捕まえる事が大変です。