パスバレーフェレットとはどんな種類?性格や特徴など。

パスバレーフェレット 画像

■人気の高いパスバレーフェレットとは。

パスバレーフェレット 画像
画像:flickr

マーシャルフェレットの次に人気が高いフェレットのパスバレーフェレット

パスバレーフェレットはアメリカで繁殖されている種類のフェレットです。

外見の特徴としては、がっちりとした体つきが印象的。体重は1キロ前後が平均となります。

■パスバレーフェレットの特徴は?

パスバレーフェレット エサ
画像:flickr

パスバレーフェレットは他のフェレットと比べ、噛み癖が少ないという性格をしています。

フェレットは一般的にペットとしての歴史が浅いため。気性が荒いものが多いですが、そんな中でもパスバレーフェレットは飼いやすい種類といえます。

また、人気の理由としては、病気や怪我にも強いという特徴をしています。

あまり飼育に手間がかからない種類です。

■フェレットのエサの与え方は?

フェレット エサ
画像:flickr

近年では、フェレットをペットとして飼う人も増えてきたため、フェレットフードやフェレット用のペレットも販売される事が多くなりました。

フェレットは肉食動物であり、エサも動物性のタンパク質を必要とします。

肉類は鳥の肉を与えてあげることが望ましいです。鶏肉は高タンパク・高脂質であるためフェレットの健康にも良い食べ物となります。

ちなみにですが、フェレットのエサはキャットフードでも代用が可能です。

キャットフードはフェレットに必要な栄養素が含まれているため、代用が可能な食べものです。

一方、ドッグフードはフェレットのエサとして、代用できません。

犬は雑食の動物であり、フェレットの必要とする栄養素と異なるものが多いのです。

■パスバレーフェレットの動画。


動画:youtube

パスバレーフェレットの赤ちゃん達の動画です。
パスバレーフェレットは毛色が豊富なことも特徴の一つです。

■パスバレーフェレットのお値段は?

パスバレーフェレットの値段は5万円前後が相場となっています。

日本では多く飼われている種類であり、ペットショップなどでも購入することができます。

日本ではあまり飼えない。マウンテンビューフェレットはどんな種類?

マウンテンビューフェレット  値段 価格 性格

■マウンテンビューフェレットの特徴とは?

マウンテンビューフェレット 飼育 購入 価格 値段
画像:flickr

マーシャルフェレットや、アンゴラフェレット、カナディアンフェレットなどフェレットは出身地によって種類が大まかに分類されています。

マウンテンビューフェレットはニューヨーク生まれのフェレット。

フェレットは他の動物と比べ人に慣れている個体は少ないですが、そんなフェレットの中でもマウンテンビューフェレットは人懐こく、噛み癖が少ない事が特徴です。

そのため、アメリカなどでは多く飼育されている種類です。アメリカはフェレットのファーム(飼育場)が多く設置されており、ペットとしての飼育数もかなり多くなっています。

もともとフェレットは気性が荒いものが多いですが、近年はペットとして品種改良されていき、かなり人に懐きやすい種類も増えてきました。

特にマウンテンビューフェレットは温厚な性格で知られており、人気のある種類です。

■日本ではマウンテンビューフェレットの入手が難しい。

マウンテンビューフェレット  値段 価格 性格
画像:flickr

人懐っこく、初心者でも飼育しやすいマウンテンビューフェレットですが、日本では入手が難しいという点があります。

これはフェレットを飼育しているファーム(飼育場)との関係から。現在、犬や猫ほどフェレットの飼育というものは普及しておらず、ファームの数も限られているということがあるためです。

マーシャルフェレットは安定して日本にも輸入され、ペットショップでも販売されている事例がありますが、マウンテンビューフェレットはあまり日本では流通していません。

日本に入ってくる数が少ないためあまりペットショップで見かける事がないという現状があります。

ちなみに、マウンテンビューフェレットの価格は輸入の状況によって大きく変動しています。

そのため、販売されている価格も時期によって差があるのが現状です。

■マウンテンビューフェレットの動画。


動画:youtube

マウンテンビューフェレットはこんなに可愛らしいく人に懐きやすいです。
生後間もない赤ちゃんフェレットですが、人と触れ合う事に抵抗がありません。

マーシャルフェレットはどんな性格?

マーシャルフェレット 性格 値段

■一番人気があるフェレット「マーシャルフェレット」。

マーシャルフェレット 性格 値段
画像:flickr

日本で飼われているフェレットの中で最も一般的な種類がマーシャルフェレットです。

アメリカ生まれのフェレットです。

フェレットの種類は主に、繁殖されている地域によって分別されています。

マーシャルフェレットはアメリカのニューヨークのマーシャル・ファームズという場所で飼育・繁殖が行われているため、この名前がつけられています。

日本に最も多く輸入されている種類であり、性格も飼いやすい種類であるため、日本で一番飼われているフェレットとなっています。

■マーシャルフェレットの性格は?

マーシャルフェレット 性格
画像:photozou

マーシャルフェレットはフェレットの中でも、かなり温厚な種類といわれています。

大人しい種類が多く、噛み癖も少ないためフェレットを初めて飼う人でも慣れやすい種類といえます。

遊び好きな性格のため、飼い主に甘える事も大好きなフェレットです。

マーシャルフェレットの体重の平均はオスの場合は1,5キロ前後、メスの場合は1キロ前後ほどです。

体長は35センチほど。寿命は平均的に8年前後ほどです。

■マーシャルフェレットはこんなに可愛い!


動画:youtube

ペットショップで販売されているマーシャルフェレットの様子です。
自分から人の手の上の乗っていくなど、とても懐きやすい様子が見られます。

ちなみにマーシャルフェレットの平均的な価格は6万円前後ほど。
カラーバリエーションは豊富なので、お気に入りのフェレットを見つけてみてはいかがでしょうか。

フェレットの種類について。一覧と性格まとめ。

■フェレットにはどんな種類がいる?

フェレット 種類 人気ランキング
画像:flickr

ペットとして最近飼われるようになってきた動物「フェレット」

種目としてはイタチの仲間なのです。

フェレットはもともとイタチをペット用に品種改良した種類。

主にヨーロッパでウサギ狩りや、家のネズミ駆除も目的としてペットとして飼われるようになりました。

最近では、日本でもペットショップで見られるようになったフェレット。

フェレットにはどんな種類がいるのでしょうか。

種類についての一覧と解説です。

■マーシャルフェレット

マーシャルフェレット 画像
画像:flickr

ペットショップなどでも多く販売され、一番人気があるのが「マーシャルフェレット」です。

フェレットは活発な性格の種類が多いですが、性格は比較的おっとりしていることで有名です。

噛みクセも少なく、しつけもしやすい種類なので、フェレット初心者にも飼いやすい種類です。

価格は60,000~70,000円ほどで販売されています。

■関連記事

■マウンテンビューフェレット

マウンテンビューフェレット
画像:photozou

アメリカ生まれのマウンテンビューフェレット

こちらの種類も比較的飼いやすい種類といわれています。

マーシャルフェレットと見た目は似ていますが、マウンテンビューフェレットの方が、少ししっかりした体つきをしています。

現在日本ではあまり販売されておらず。ペットショップなどでも購入することは難しいようです。

販売されている場合、70,000円以上が相場のようです。

■関連記事

■パスバレーフェレット

パスバレーフェレット 画像
画像:flickr

アメリカ生まれの種類である「パスバレーフェレット」

パスバレーフェレットはマーシャルフェレットの次に日本で多く飼育されている種類です。

価格も以前は高いモノが多かったのですが、現在ではそれほど高い値段設定にはなっていません。

病気に強いという特徴を持つため、ペットとして人気のフェレットです。

マーシャルフェレットと同じ価格帯で、60,000~70,000円ほどで販売されています。

■関連記事

■ルビーフェレット

ルビーフェレット 画像
画像:flickr

アメリカ生まれの「ルビーフェレット」は丸っこい顔が特徴。

アメリカで繁殖されている種類なのですが、日本にはごく稀にしか入ってこない種類です。

ルビーフェレットはパスバレーフェレットと別の種類を交配させて誕生したフェレット。

そのため、性格の面ではパスバレーフェレットに似ている部分が多いです。

日本ではあまり販売されていない種類であり、80,000円ほどすることが多いようです。

■カナディアンフェレット

カナディアンフェレット 画像
画像:photozou

カナダ生まれのフェレットである「カナディアンフェレット」

耳に入っている刺青が特徴的な種類です。

性格としては噛み癖が多い個体が多いです。

他のフェレットは穏やかな種類が多いですが、しつけには少し時間がかかる種類であるといわれています。

お値段は60,000~70,000円ほどで販売されています。

■ニュージーランドフェレット

ニュージーランドフェレット 画像
画像:flickr

ニュージーランド生まれのフェレットです。

フェレットの中では珍しくパンダ柄をしている個体もいます。

外見の特徴としては、体つきが他のフェレットと比較して大きいこと。

フェレットの平均的な体重は1~1.5キロ程度ですが、ニュージーランドフェレットのオスは大きいモノで2キロを超えるものもいます。

60,000~70,000円ほどで販売されています。

フェレット飼い方の注意点は?飼育方法まとめ。

フェレット 飼育 飼い方

■可愛いフェレット。飼い方の注意点は?

フェレット 飼い方 画像
画像:photozou

可愛らしい表情でペットとして人気のあるフェレット

珍しい動物のため飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、犬や猫、ハムスターなどと比べて飼っている人は少なく、「フェレットの飼い方はどうすれば良いの?」という疑問がある人も多いとは思います。

今回はフェレットを飼う際の注意点についてまとめてみました。

■フェレットの寿命は?

フェレット 飼育 飼い方
画像:flickr

ペットとして飼うということは家族の一員になるということ。

フェレットの一生には飼い主が責任を持って見守ってあげたいものです。

フェレットの平均的な寿命は8年ほど。健康であれば10年近く生きる種類もいます。

ちなみにフェレットの平均的な体重は2キロ前後。平均的な体長は30~50センチほどです。

■フェレットの飼育環境は?

フェレット 飼育 ケージ
画像:flickr

フェレットにはフェレット専用のケージを用意してあげる事が望ましいです。

ウサギやモルモットなど中規模の動物用ケージではフェレットにとっては十分な運動できる環境ではありません。

特に寝床は常に清潔に、広めの場所を用意してあげましょう。

フェレットは一日20時間ほど寝ている動物です。

■フェレットの性格は?

フェレット 性格 しつけ
画像:flickr

フェレットは非常に賢い動物です。

そのため、トイレのしつけや名前を覚える事は比較的簡単です。

そのため、世話が楽なペットといえます。

また、非常に賢いため、ケージのドアが簡単な仕組みのものであると脱走をしてしまいます。

ケージの管理は厳重にしておきましょう。

■フェレットのエサは?

フェレット エサ
画像:flickr

フェレットのエサはフェレット専用フードをあげることが望ましいですが、キャットフードでも代用できます。

おやつも時々与えてあげましょう。

フェレットは肉食の動物。犬用のジャーキーなどをあげると喜んで食べます。

おやつとしてはチュートーイ(固形状のおやつ)・フェレットバイト(フェレット用のビタミン済)などが好物です。

フェレットに与えてはいけないものは野菜・ごはん・パンなどです。これらの食べ物は肉食のフェレットにとって消化できない食べ物です。

■飼い主にも懐いてくれるフェレット


動画:youtube

飼い主にも懐いてくれるフェレット。安心した様子でこんな可愛い姿を見せてくれるかもしれません。