猫が自分の爪を噛む?引っ張る?ちょっと心配になるこの行動の原因と対策は?

猫が爪を噛む・引っ張るのはなぜ?


画像:flickr

猫が爪を噛んでいるとき、「爪切りが十分にできていないのかな?」と心配になるかもしれません。

癖のように手や足の爪をカミカミ、、少し心配になる行動です。

このような行動は何が理由なのでしょうか。原因と対策についてのまとめです。

猫が爪を噛む原因は??


画像:flickr

爪を噛む理由は下記のものがあります。

1,体のお手入れ
猫の習性にグルーミングという行為があります。
この行動は基本的に体をなめて綺麗にするという行動をさしますが、爪のお手入れもグルーミングの一種に含まれます。
猫の爪は人の異なり、伸びるのではなく脱皮します。古い爪はぽろっと剥がれて、新しい鋭い爪が出てきます。
そのため、今の爪が古くなってくると猫は新しい爪を使うため、剥がそうとするのです。このような行動はごく自然な習性。特に心配する必要はありません。

2,ケガや痛みを感じている場合
爪を噛む理由として、ケガや痛みを感じている場合もあります。おもちゃで遊んでいた時や、爪研ぎを激しくやってしまった時などに爪や指を傷つけてしまうこともあります。そのような時は、爪に違和感を感じてしきりにガシガシ噛んでしまうことがあります。いつもより爪を噛んでいたり、気にする仕草が多いと感じたら爪が傷ついていないかチェックしてあげましょう。爪の根元が赤かったり、おもちゃの糸くずなどが絡まっていることがあります。

3,ストレスが溜まっている場合
猫はストレスを溜めやすい生き物。生活の環境が変わったり、季節の変化などでも敏感になったりします。ストレスには様々なサインがありますが、爪を噛むことは自傷行為の一つ。しっぽを追いかける行為などと同じくストレスの可能性があります。そのような時は、猫に必要な日光浴が十分できているか、他のストレスのサインもみられないか普段の行動をチェックしてあげましょう。


爪のお手入れは定期的にしてあげよう。


画像:flickr

飼い猫の場合、爪を使うシーンが少なく爪が古くなって剥がれ落ちる頻度が少ない可能性もあります。

家の中に爪研ぎを置いておいても、猫ちゃんは「ちょどいい硬さのものでバリバリしたい、、」と思っているかもしれせん。

猫ちゃんお気に入りの爪研ぎがあれば、自分から爪研ぎをいっぱいしてくれるのですが、あまり積極的に爪研ぎをしない猫ちゃんもいます。

そのような場合は爪を定期的にケアするため、飼い主さんが爪研ぎをしてあげましょう。

少し難しいと感じる人もいるかもしれませんが、コツを掴むと猫ちゃんも安心して爪を触らせてくれるようになります♪



【うっとり♪】猫ちゃんがメロメロになる「ねこじゃすり」人気の理由は?

ねこじゃすり,ブラッシング,

「ねこじゃすり」ってどんなアイテム!?

ねこじゃすり,ブラッシング,
画像:楽天市場

猫ちゃんがメロメロになってしまうという魅力のアイテム「ねこじゃすり」

このブラシは猫ちゃんにとって至高のブラッシングができるように開発された商品なのです♪

「ねこじゃすり」が生まれたのは偶然がきっかけ。

ヤスリメーカーが野菜用のヤスリを開発していた際、たまたま飼い猫を撫でてあげるとウットリしたことから猫のブラッシング用に改良された商品なのです。

その後、猫ちゃんの求める究極のブラッシングとなるよう改善が続けられました。

その結果、猫ちゃんがウットリしてしまうほどのブラッシングを再現できるようになったのです♪

実際にブラッシングされている様子がこちら♪

とっても気持ち良さそうにウットリしている様子です♪

猫ちゃんが「ねこじゃすり」にハマる秘密は??


画像:楽天市場

猫ちゃんがハマってしまう秘密はブラシに秘密があります。

猫の舌を忠実に再現した、きめ細かいヤスリ面となっており猫ちゃん同士がグルーミングするような感覚を再現しています。


flickr

猫の舌は独特のザラザラした作り。

「ねこじゃすり」ではこの感覚を忠実に再現しています。


画像:楽天市場

計算された凹凸の作りも、猫の気持ち良さを倍増させています。

猫ちゃんも換毛期は抜け毛が多くなってしまいます。

毛並みにフィットしつつも抜けた毛を絡め取るよう、猫にとって最適な凹凸面の作りになっています♪

カラーはピンクとグレーの2色展開。


画像:楽天市場


画像:楽天市場

太い面はお腹や背中に。細い面は顔まわりに使用します♪

ねこじゃすりの口コミ・レビューは??

ねこじゃすりのパッケージも可愛くておしゃれ♪
プレゼントにも最適なねこグッズです!

包装も可愛い化粧箱になっています♪

猫ちゃんがウットリするアイテム♪
いつも以上に満足する猫ちゃんの様子が見れるかもしれません♪

猫のストレスのサインと適切な対処法は?原因と対策を知っておこう♪

猫,ストレス,原因,対策,行動,画像,

知っておくべき猫のストレスと原因。

猫,ストレス,行動,サイン,原因,対処
画像:flickr

家で飼っている猫ちゃんの元気がない、食欲がないといった行動が現れたらストレスが溜まっているサインかもしれません。

室内飼いの猫ちゃんは飼い主さんの目の見ないところで、ストレスが溜まっている可能性があります。

猫ちゃんのストレスになりやすい飼育環境や原因、その対処法について紹介します。

猫のストレスのサインにはどんなものがある??

猫,ストレス,原因,対策,行動,画像,
画像:flickr

猫のストレスは行動や普段の仕草に現れます。

猫はストレスが溜まったサインとして、一見遊んでいるのと区別がつきにくい特有の行動をすることがあります。

下記にあげる行動が頻繁に見られた際、ストレスが溜まっている可能性を疑ってあげましょう。

①尻尾を追いかける行為。

猫,尻尾,追いかける,行動,ストレス
画像:flickr

猫が尻尾を追いかけて遊んでいる姿は稀に見られるかもしれません。

自分の尻尾を追いかけて遊んでいる姿はとても可愛いもの♪

しかし、これは知能が発達していない段階の子猫に見られる行為であり、成猫になっても繰り返しこの行動をしているとストレスのサインの可能性があります。

大人になった猫の場合、ストレスにより自傷行為を行なっている可能性があります。

ストレスを適切に発散することができず自分の体を傷つけている行動の可能性があります。

②過度のグルーミング

猫,ストレス,グルーミング,尻尾,画像,写真
画像:flickr

過度のグルーミングを行なっている場合もストレスが溜まっている可能性があります。

本来、体を綺麗に保つために行うグルーミングですが、不安を落ち着かせるときに猫が取る行動でもあります。

猫同士でケンカをしてしまった後や、飼い主さんに怒られた後などに人目につかない所でこっそりグルーミングをしているといった様子も猫がよく取る行動です。

このような気持ちを落ち着かせるためのグルーミングは「転移行動」と言われます。

“転位行動(てんいこうどう)とは、動物が攻撃か逃避の選択といった葛藤状況に置かれた時に解発される、全く別の第三の行動のことである。
例えばトゲウオは縄張り争いで相手を威嚇しているときに、突然水底の穴を掘り始めることがある。このような本来の目的とは関係なく解発される行動のことを言う。原因は分かっていない。
ネコが不安を悟られないためとか、失敗した時の照れ隠しに頭をかくとか、本心を知られないようにグルーミングでカムフラージュをするのも転位行動である。”
wikipedia

③必要以上の爪とぎを行なっている場合。

猫,爪とぎ,画像,写真,
画像:flickr

過度な爪とぎを行なっている場合も、ストレスのサインの可能性があります。

爪とぎを設置しているにも関わらず、家具や壁紙など家の中のいろんな場所で爪とぎを行なっている場合はストレス発散のために行なっている可能性があります。

爪とぎの設置場所が猫の気に入らない場所である可能性もありますが、下記の対処法でも解決しない場合はストレスの原因を知って対処してあげましょう。


④適切にトイレをしていない場合。

猫,トイレ,画像,,
画像:flickr

猫はとっても綺麗好きな生き物。

トイレも猫砂を設置すれば、しつけをしなくても自分でトイレの場所を覚えてくれます。

しかし、ストレスが溜まった猫ちゃんの場合は、適切な場所でトイレをしない事があります。

トイレは猫にとって落ち着ける場所。

玄関の近くの人の出入りが激しい場所では猫も落ち着くことができません。

また、トイレよりお気に入りの素材を見つけてしますこともあります。

じゅうたんやカーペットなどは、猫によっては猫砂よりも快適に感じる場合があります。

トイレを適切な場所でできないことは猫にとってもストレスになるため、猫砂を変えたり静かな場所に移すといった対策をしてあげましょう。

⑤攻撃的な行動を取る。

猫,怒る,威嚇,画像,写真,
画像:flickr

ストレスが大きくなっているときは攻撃的な行動をとってしまう可能性もあります。

多頭飼いの場合は、仲間の猫ちゃんに攻撃的な行動をとってしまい、ぐっすり寝ているところを急にのしかかったり、普段はじゃれあっているはずが爪を立てて怪我をさせてしまったりします。

また、飼い主さんにも威嚇してしまうこともあります。

普段は「ニャー♪」と鳴いてエサをねだったり、じゃれてくる猫ちゃんが、ずっと部屋の隅にいたり「シャー」と威嚇の声をあげたりしまう。

この場合はストレスがとても強くなっているサイン。

解消のためにも、原因を特定し解決に向けて対処してあげましょう。