【ハムスター】アルビノってどんな種類?飼育の注意点とは?

スポンサードリンク


ハムスターのアルビノってどんな種類?

ハムスター,アルビノ,ゴールデン,キャンベル,ジャンガリアン,種類,画像
画像:flickr

ハムスターの毛色の中にはアルビノといわれる種類がいます。

アルビノとは、真っ白な体毛をしており、真っ赤な目をしていることが特徴。

アルビノは遺伝的な要因から起こり、白化現象といわれることもあります。

“アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。”
wikipedia

ハムスターの種類に関わらずアルビノとなる可能性があるため、ゴールデン・ジャンガリアン・キャンベルなどそれぞれの種類にアルビノという個体が存在します。

アルビノの性格の特徴とは?


画像:flickr

アルビノは遺伝の突然変異から発生する個体であるため、生まれつき体が弱く病気にかかりやすい可能性があります。

また、見た目も通常のハムスターと比較して一回り小さいサイズの個体が多いようです。

性格は基本的に普通のハムスターと大きく違いはありません。

ただ、体が弱い個体が多いため、少し臆病な性格な子が多いといわれています。

いずれにしても、体の強さや性格などは個体によって差があるため、アルビノの中でも飼育しやすい子もいます。

アルビノの寿命は短いの?


画像:flickr

アルビノは寿命が短いという噂も多く聞くことがありますが、性格な寿命の統計が取られている訳ではありません。

視力が生まれつき弱かったり、体が弱く病気になりりやすい子は多いようですが、個体差があるため体の強い子は通常のハムスターと同じくらい長生きすることもあります。

アルビノのハムスターは高額?


画像:flickr

アルビノのハムスターはとっても珍しい種類。

数万匹に一匹の割合で誕生するくらいといわれています。

そのため、ペットショップなどで販売される際も高額となることが多いです。

通常の場合と比較し2~3倍の値段となることもあります。

ロボロフスキーハムスターの飼い方まとめ。

ロボロフスキーハムスター 飼い方
スポンサードリンク


■世界一小さいと言われるロボロフスキーハムスター

ロボロフスキーハムスター 飼い方
画像:flickr

世界最小のハムスターといわれる「ロボロフスキーハムスター」

サイズはジャンガリアンハムスターより一回り小さいサイズです。
体長は10センチ程度。
片手の手のひらにも乗るサイズです。

性格は臆病な種類が多く、人にあまりなつかないといわれています。
その性格のため、複数飼いをしてもあまりケンカをしない種類です。

■あまりなつかない敏感なハムスター

ロボロフスキー 飼い方
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターは環境に敏感なハムスターです。
人にあまりなつく事がなく、観賞用に向いているハムスターです。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターは人になつく事があり、手の上に載せてもおとなしくいていますが、ロボロフスキーハムスターは必死に逃げようとします。

ハムスターと遊びたいという人には向いていないハムスターです。
上級者向けのハムスターといえるかもしれません。

■環境には強いハムスター

ロボロフスキー 
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターは寒さに強いという特徴を持ちます。

ロボロフスキーハムスターはもともとロシアやモンゴルといった寒い地域原産のハムスター。

寒さには慣れています。

■ロボロフスキーハムスターの食事は?

ロボロフスキー 食事
画像:flickr

ロシアやモンゴルといった寒い砂漠の地域で育ったロボロフスキーハムスター。

そのため、他のハムスターと比較し、水分の多い野菜はあまり好みません。
エサとしてあげる野菜の量は少量で良いです。

また、肉食性が強いハムスターでもあります。
エサとしてミルワームという小さい虫を食べる事もあります。

■ケージを汚して掃除が大変

ロボロフスキー
画像:flickr

ロボロフスキーハムスターの飼育は少し手間がかかるかもしれません。

理由の1つとして、トイレのしつけがなかなかできない事があります。
トイレを1カ所でしない習性があり、色んな場所で行ってしまいます。

他の種類のハムスターであれば、トイレのしつけはニオイがついている場所にするようになるのですが、ロボロフスキーハムスターはそういう訳にはいかないケースが多いです。

また、ケージの床材をよく掘る習性を持っています。
もともと砂漠の地域で巣穴を掘って生活している種類のため、地面を掘り、巣穴
を隠そうとする為、床材をばらまいてしまいます。

飼い方としては、金網のケージではなく、爬虫類などを飼うケージで床材を多めに入れた状態にしてあげましょう。

■脱走には気をつけましょう

ロボロフスキーハムスター 画像

ロボロフスキーハムスターはすばしっこく、好奇心が旺盛なハムスターです。

また、体が小さく運動も得意なため、脱走を簡単にしてしまいます。

多くのハムスター用に使われる金網のハムスター用のケージでは簡単に脱走してしまいます。

一度脱走してしまうと、すばしっこいため捕まえる事が大変です。