猫にとって最適な室温とは??部屋の温度管理の注意点と暑さ対策について。

猫にとって最適な室温とは??


画像:flickr

暑い季節は猫ちゃんも部屋の中でぐったり、、

30度を超えるような気温では、猫ちゃんも辛そうにしていることがよくあります。

飼い主さんがいる時はエアコンなどで室温が管理できますが、外出時などは部屋の温度が上昇し留守番の猫ちゃんが心配になるかもしれません。

暑い時期の猫ちゃんにとって最適な温度管理はどのようなものでしょうか??

猫ちゃんにとって最適な温度とは??


画像:flickr

猫ちゃんにとって最適な室温は20°~28°

猫の種類によって被毛の量が違うため、長毛種では20°前半、短毛種では少し高めに設定しておくことが最適です。

また、猫ちゃんはとっても湿度が苦手。

ジメジメした環境ではグルーミングした後の水分が蒸発せず、体の温度をキープすることができないのです。

湿度は60%ほどが最適。また、空気の通り道を作ってあげて涼しい環境を作ってあげましょう。

人にとって最適=猫にとって最適ではないかも??


画像:flickr

部屋の温度管理で注意したいのが猫にとって最適な気温であるかという点。

室温を適切に管理しているからといって、猫ちゃんにとって最適ではない可能性もあります。

特に注意したいのが下記の点です。

1,日光で部屋の温度が高くなっていないか。

猫ちゃんにとって日光浴はとっても重要なもの。

猫に日光浴が必要な3つの理由とは?効果はどんなもの?

しかし、太陽の光をあびるスペースを作ってあげても、部屋の温度上昇には注意が必要です。

猫ちゃんのお気に入りの寝床が日光が当たりやすい場所であり、寝ている間に体温が上がりすぎてしまうなんてことも、、

猫ちゃんのお気に入りのスペースは特に注意が必要です。

2,空気の入れ替え・通り道を作る

部屋の温度が適切であっても、ジメジメとした空気がこもってしまっては快適ではありません。

特に湿度管理はとっても重要。体温調節が苦手な猫は湿度が大敵なのです。

猫は体が被毛に覆われており、体温調節はあまり上手くありません。

そのため、鼻やヒゲなどの器官で空気の流れを察知し涼しいところを発見したり、グルーミングで水分を蒸発させることで体温を下げます。

そのため、部屋に空気がこもったり、湿度が高い状況というのは快適ではありません。

湿度管理と空気の入れ替えにも注意して温度管理をしてあげることが大事です。

3,猫の成長段階にも応じて温度管理をしよう。

猫ちゃんの最適な室温は20°~28°ですが、猫の成長段階で調整してあげることも必要です。

成猫の場合は体温調節も機能しており動き回ることが多いため、少し低めの気温でも問題ありません。

しかし、子猫と老猫の場合は注意が必要。

子猫の場合は少し高めの温度になるスペースを作ってあげましょう。

子猫は平熱が高いため、部屋の温度も合わせて少し高めに設定することが望ましいです。

また、同じく老猫の場合も少し高めの気温に設定することが望ましいです。

老猫は成猫ほど体の温度管理が上手くできず、また免疫も弱くなっているため冷えで体を壊す可能性が高くなっています。

部屋の温度は適切に保ちつつ、毛布や高い位置の寝るスペースなど温度の高い場所も合わせて用意してあげましょう。

こんな症状が出たら要注意。

温度管理に気をつけていても、猫ちゃんの体調によっては体に不調が出てしますこともあります。

そのような時は熱中症の疑いを持って早めに対策をしてあげましょう。


気温が高い時期は温度の変化で猫ちゃんも体調を壊しやすい季節。

特に留守番の際も適切な温度となるよう、心がけてあげて下さいね。

猫のいびきは要注意!?いびきをかく原因や理由・対処法についてのまとめ。

猫の「いびき」にはどんな原因がある??


画像:flickr

一日に14〜16時間も睡眠をとる猫ちゃん。気持ち良さそうにぐっすり寝ている姿は飼い主さんにとっても癒しです♪

そんな猫ちゃんですが、寝ている間に「いびき」をかくこともあります。

猫のいびきにびっくりするかもしれませんが、いびきをかいてしまうことには注意が必要なのでしょうか??

いびきの原因と対策についてまとめました。

正常ないびきとは??


画像:flickr

猫ちゃんの自然ないびきの場合には「スー」や「スピー」といった高い音でいびきをかきます。

とてもリラックスして落ち着いているときに、ついついかいてしまういびきです。

普段はいびきをあまりかかない猫ちゃんでも、時々このような音を立ててしまうことがあります。

このようないびきをかいてしまう時は。気道が狭くなっていることが原因。

普段はうつ伏せで寝ることが多い猫ちゃんですが、仰向けなど気道が苦しくなる姿勢になっているときにこのようないびきをかいてしまうことがあります。

このような一時的な「いびき」は、特に問題はありません。

注意すべきいびきとは??


画像:flickr

喉や鼻にかかったような音で「グー」や「ガー」「ブーブー」といった音を立てている場合には要注意。

このようないびきは主に肥満が原因となっていることが多いです。

首回りのお肉が気道を圧迫しており、呼吸が苦しくなっている状態。

寝ているときにこのようないびきをかいている時は猫ちゃんの体重チェックや、肥満対策を考えてあげましょう。


鼻につまったようないびきをする時は?


画像:flickr

鼻がつまっているような状態でいびきをする時は風邪気味であったり、花粉症の可能性があります。

猫ちゃんは気温の変化に敏感な生き物。季節の変わり目や、家の中に適温の場所がなければ風邪を引くこともあります。

鼻水をだらだら垂らしていたり、目やにが目立つようになれば体調不良のサイン。

猫ちゃんの飼育環境を見直してあげましょう。

また、猫ちゃんでも花粉症になる可能性もあります。

季節要因の一時的なものですが、くしゃみなど症状がひどければしっかり対策をしてあげましょう。


「いびきが心配!?」考えられる病気の可能性とは??

また、「グー」や「ガー」といった大きないびきをかく場合は猫ちゃんの病気の可能性があります。

猫ちゃんも熟睡できなければ、ストレスをどんどんためてしまいます。

いびきの原因である病気の可能性を疑って、早めに動物病院で診察してあげましょう。

■鼻咽頭ポリープ
鼻咽頭ポリープは、耳介辺りに発生して鼻咽腔や耳道へと進展する良性の腫瘤です。ポリープができることで鼻で呼吸しづらくなり、口呼吸を行うようになります。いびきのような音をたてた呼吸が特徴です。鼻咽頭に鼻水が蓄積することで鼻炎になり細菌感染を起こす場合もあります。くしゃみや鼻水、嚥下障害などの症状が表すこともあります。進行して内耳に広がると、ホルネル症候群などの神経症状を引き起こす可能性があります。
参考:https://www.fpc-pet.co.jp/cat-disease/sickness.php?sick=0084

■鼻咽頭狭窄
何らかの原因で鼻孔から鼻咽頭道にかけて、膜が形成されたり粘膜の肥大が起こることで鼻道が狭くなり、呼吸がしづらくなった状態です。鼻で呼吸がしづらくなるため、口で呼吸するようになります。カリシウイルス感染症やヘルペスウイルス感染症の場合、粘膜潰瘍が見られる場合があります。
参考:https://www.fpc-pet.co.jp/cat-disease/sickness.php?sick=0084

■副鼻腔炎
鼻の穴の奥には、副鼻腔という骨で囲まれた空洞になっている部分があり、鼻の粘膜はそこまで続いています。この副鼻腔内に炎症を起こすことを、副鼻腔炎といいます。副鼻腔炎が悪化すると膿性の鼻汁がたまり、蓄膿症となります。鼻炎が長引いたり、症状が悪化することによって副鼻腔炎を併発することが多いようです。
参考:https://www.anicom-page.com/all_details?type=13&id=41

心配になる猫ちゃんの「いびき」。

いびきの音や頻度に注目して、病気の可能性がないかチェックしてあげて下さい。

猫の呼吸がおかしい??呼吸が早いとき・遅いときそれぞれの確認事項は?

「猫の呼吸がおかしいな?」と感じたときは??


画像:flickr

猫ちゃんの体調が悪い時には呼吸が浅くなったり、苦しそうに呼吸をしたり、「ピー」と音がなったり異変が起こることがあります。

普段はあまり気にならない猫ちゃんの呼吸ですが、異変があると飼い主さんでもその変化がきになるかもしれません。

「様子がおかしいな?」と感じたときはどのような点に気をつけ、確認をすべきでしょうか?

猫ちゃんの呼吸に異変がある時の原因と対策についてのまとめです。

猫ちゃんの普通の呼吸はどんなもの?


画像:flickr

猫ちゃんの平均的な呼吸の回数は1分間に20~30回ほど。

呼吸回数は吸って吐いてを1回とカウントします。

人間の場合、呼吸の回数は1分間に18~25回程度が平均とされているため、人より少し回数が多いと感じるくらいが猫ちゃんの平均的な呼吸のリズムです。

呼吸に異変があると感じたときは、猫ちゃんの呼吸を数えてみましょう。

運動をした後ではなく、横になってゆっくりリラックスしている状態の時に呼吸をカウントします。

1分間に20~30回という目安をもとに呼吸が多い・少ないを観察してあげましょう。

呼吸が早いと感じるときは?


画像:flickr

呼吸が早いと感じるときは、猫ちゃんが苦しいと感じている可能性が高いです。

・運動後でもないのに呼吸の回数が多い。
・口で喘ぐような呼吸をしている。
・鼻が詰まって「ピー」という音がする。

といった症状のケースとなります。

風邪の症状で鼻が詰まって呼吸が苦しかったり、暑さで熱中症になっている可能性があったり、食べ物にあたってしまいお腹を下しているという可能性があります。

このような状態のときは、体調不良が原因であるため体の不調が出ていないかチェックしてあげましょう。

特に注意したいのが熱中症の場合。

猫は毛皮に覆われており、上手く体温調節をすることができません。

そのため、体温が上がってしまった時に呼吸を早く行って体温を下げようとします。

このようなパンティングという行為がみられた場合には、熱中症に対する対策を行ってあげましょう。


呼吸が遅いと感じるときは?


画像:flickr

呼吸が遅いと感じるときは、猫のケガが原因で呼吸が上手くできていない可能性があります。

・苦しそうな呼吸で体もぐったりしている。
・お腹をへこませるような呼吸をする。

といった症状があります。

例としてはケガで肺に異常が出ている場合や、喉に異物を詰まらせて呼吸がしずらいと感じてる可能性があります。

また、呼吸がとても早くお腹をへこませて呼吸するような状態(努力呼吸)の場合は「横隔膜」に異変が出ている可能性が高く、緊急の治療が必要な可能性もあります。

このような場合は早急に病院での診察が必要となります。