【猫の肥満】おデブ猫は要注意?肥満が原因で起こる病気の可能性は?

猫,肥満,原因,病気,体重,ダイエット

猫の肥満には注意が必要??

猫,肥満,原因,病気,体重,ダイエット
画像:flickr

お家で買っている猫ちゃんは運動不足になりがち。

また、おねだりする姿が可愛らしくついついエサやおやつを多く与えてしまうなんてことも、、。

猫ちゃんも体重管理をしてあげないと肥満体型になってしまうこともあります。

猫の肥満の基準は猫の種類にもよりますが、標準体重の120%を超えてしまうと肥満といえます。

一般的な家猫の平均体重は下記となります。

期間 理想の体重 肥満 痩せすぎ
生後0週間 100g前後 150g以上 80g以下
生後3週間 約300~400g 480g以上 250g以下
生後4週間 約400~500g 600g以上 320g以下
生後3ヶ月 約1~1.5kg 1,8kg以上 800g以下
生後6ヶ月 約2.5~3.0kg 3,6kg以上 2.0kg以下
生後9ヶ月 約3.0~3.5kg 4,2kg以上 2.4kg以下
生後12ヶ月 約3.0~5.0kg 6,0kg以上 2.4kg以下

※生後3週間まではエサを食べないため、体重の変動が大きくはあくまでの目安です。

また、猫の種類によって標準体重の差があります。

体のサイズが小さい猫種・体のサイズが大きい猫種を知っておき、理想体重の120%以上は肥満、80%以下は痩せすぎという参考値になります。

■標準体重が軽めの猫

猫の種類 成猫の平均体重
シャム 3~4kg
シンガプーラ 2.5~3kg
オリエンタルショートヘア 3~4kg
ジャパニーズボブテイル 3~4kg

■標準体重が重めの猫

猫の種類 成猫の平均体重
アメリカンショートヘア 4~5kg
アメリカンカール 4~6kg
ベンガル 4~6kg
ノルウェージャンフォレストキャット 3,5~6kg
シャルトリュー 3,5~6kg
ラグドール 4~7kg
メインクーン 4~8kg

成猫の体重の理想は1歳の誕生日が基準とされます。

そのため、生後12ヶ月の体重を基準に3歳や5歳、それ以降なども体重がキープできるようにしてあげましょう。

猫の肥満には注意が必要なのでしょうか?肥満の原因と対策について紹介します。

猫の肥満の原因は??

猫,肥満,原因,病気,体重,ダイエット
画像:flickr

猫の肥満の原因は生活週間から生じるものが多くあります。

「標準体重よりちょっと多いかな?」と感じたら下記の点を注意してみましょう。

1,おやつの与えすぎ
猫の大好きなおやつ。しかし、適切な量は2~3日に一度ほどです。

市販で良く販売されている、「鳥ささみ」や「マグロ」のおやつはとっても猫ちゃんが喜ぶおやつですが、カロリーが多いというデメリットもあります。


2,運動不足
完全に室内飼いになっている猫ちゃんは運動不足になりがち。

室内のみで外に出していない猫ちゃんには適切ば¥な遊び道具を用意させてあげる必要があります。

遊び道具のない環境では適切なス運動による、ストレス発散ができません。

そのため、ストレス発散が食事のみとなってついつい食べすぎてしまいます。


3,加齢による食事量変化
年齢を重ねた猫ちゃんは体重が増えやすい傾向があります。

若い年齢と比較し体の代謝が衰えたり、運動量自体が少なくなるので肥満がちになります。

そのため、猫の年齢が8歳以降を目安に老猫用のおやつや消化のいいウェットフードに切り替えてあげましょう。


4,病気や不妊手術による肥満
猫の中でも病気や手術が原因で、一時的に肥満となる可能性もあります。

病気や手術後が猫も過度のストレスが溜まっていたり、運動量が極端に落ちるため、肥満や痩せすぎの原因となる可能性もあります。

また、不妊手術をした猫はホルモンバランスが大きく崩れていることもあります。

肥満の可能性があればダイエットをしよう!

猫,肥満,原因,病気,体重,ダイエット
画像:flickr

猫の肥満は放置しておくと、病気や怪我のリスクを高めてしまいます。

体重の増加により、関節・筋肉への負担が大きくなり怪我やヘルニアなどの可能性が高まってしまいます。

また、糖尿病猫の肝リピドーシスといった生活習慣が原因で生じる病気のリスクも高めてしまいます。

肥満がちになっているからといって、急激な食事量低下や強制させる運動は禁物。

エサをヘルシーなものに変えたり、少しずつ食事量を減らし適切な運動をさせるといった負担の少ない形で対処してあげましょう。

【最新版】猫の種類別人気ランキングTOP10は?

猫,種類,人気,ランキング,価格,値段

■種類から見る人気の猫ランキング。

ねこ,猫,種類,人気,ランキング,価格
画像:flickr

ペットとして多くの人が飼っている猫ちゃん。

これから猫を飼いたいと思っている人は「どんな種類の猫を飼おうか?」と迷っている人も多いのではないのでしょうか。

猫の種類はなんと200以上にも及びます!

公式に認定されている種類でも100種類以上。公式外の種類もさらに100ほどあり、また長毛や短毛など品種改良が繰り返され新しい品種も生み出されています。

今回は人気の猫を種類別にランキング化してみました。

猫の種類の人気ランキングの紹介です。
どんな猫が人気があるのでしょうか??

■1位 スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド
画像:flickr

平均的な値段 10万円〜30万円
性格 のんびり屋さんで、甘えん坊
毛の種類 短毛・長毛

1位はスコティッシュフォールド。イギリス生まれの猫です。

外見の特徴としては可愛らしい折れ曲がった耳をしていること。
スコティッシュフォールドのフォールドとは折れ曲がったという意味です。

性格はとても甘えん坊です。
飼い主になつきやすく、しつけも楽な種類として人気を集めています。

運動量は他の猫と比べて、少なめ。
また、温和な性格をしているので、複数飼いもしやすい種類の猫です。

■関連記事

■2位 マンチカン

マンチカン
画像:photozou

平均的な値段 5万円〜30万円
性格 社交的・穏やかで人に慣れやすい
毛の種類 短毛・長毛

短い足がとってもキュートなマンチカン

「マンチカン」という言葉の意味は小人という意味を持っています。

性格はとっても穏やか。猫の中では珍しく多頭飼いに慣れやすい種類といえます。

マンチカンは見た目によらずとっても運動が得意な一面もあります。

短い足ですが、キャットタワーなども軽々と登り、動きもとっても機敏です。

■関連記事

■3位 ラグドール

ラグドール
画像:flickr

平均的な値段 15万円〜30万円
性格 おとなしく、飼い主に従順
毛の種類 長毛

3位はラグドール
ラグドールとはぬいぐるみという意味です。

長い毛と青い目をしていることが特徴の猫です。
生まれた時は全身白い毛で覆われていますが、成長するにつれてグレーや茶色の毛が生えてくるようになります。

性格は非常に大人しく、人間と関わる事が大好き。
抱っこされることや、グルーミングされることも大好きです。

無駄鳴きも少なく、しつけもしやすいため、初心者でも飼いやすい猫といえます。

そのため、運動量はあまり多くなく、おもちゃで激しく遊ぶことも少ないようです。

■関連記事

■4位 アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア
画像:photozou

平均的な値段 10万円〜20万円
性格 好奇心旺盛で運動が大好き
毛の種類 短毛

4位はアメリカンショートヘア
猫の種類の中でも最も有名な種類ではないでしょうか。

イギリス生まれの猫ですが、アメリカに持ち込まれた後、飼い猫として普及しました。
現在、アメリカでは最も多く飼育されている飼い猫の種類です。

性格はかなり活発なタイプ。
好奇心旺盛で遊ぶ事が大好きな猫です。

自由気ままな性格なので、甘えることがあまり好きではなく、猫らしい性格ともいえます。

■関連記事

■5位 ロシアンブルー

ロシアンブルー
画像:wikipedia

平均的な値段 10万円〜20万円
性格 おとなしく、警戒心が強い
毛の種類 短毛

5位はロシアンブルー
名前の通り、ロシアが原産の猫です。

グレーの毛並みとエメラルドグリーンの目が特徴。
エメラルドグリーンの目はブリーダーが交配を繰り返した事によって発生した特徴です。

性格は非常に警戒心が強いです。
飼い主以外になつく事はあまりありません。初対面の人が家に来るとじっと隠れているなんてこともあります。

また警戒心が強いため、うるさい場所がちょっと苦手。
洗濯機や電話など音がなると、びっくりするそぶりを見せたりします。

「犬のような性格をしている」といわれるほど飼い主には従順な一面を見せ、愛情表現がとても豊かです。

■関連記事

■6位 アビシニアン

アビシニアン
画像:flickr

平均的な値段 20万円〜30万円
性格 とても賢く、運動神経もいい
毛の種類 短毛

6位はエジプト生まれの猫アビシニアン
エジプトに生息していた猫が、ヨーロッパに普及し飼い猫として飼われるようになったという説が有力視されています。

ゴールドの短い毛が特徴。独特の毛並みの光沢をしています。
また、鳴き声も特徴的で他の猫とは違い、綺麗な高い声で鳴きます。

しっかりとした体つきをしており、運動神経もとってもよく部屋の中を走り回ることが大好き。好奇心が強いため、いたずらをしてしまうこともよくあります。

また、猫の中でもとっても甘えん坊な性格をしている種類であり、飼い主によくなつくという特徴があります。

■関連記事

■7位 ソマリ

ソマリ
画像:photozou

平均的な値段 15万円〜30万円
性格 おとなしく、とっても賢い
毛の種類 長毛

すらっとした外見のソマリ。
実は、性格は社交的でとっても甘えん坊です。

ソマリの特徴はとっても可愛らしい鳴き声です。

普段はおとなしい猫ですが、とっても甘えたそうな高い声で鳴きます。

猫の中では珍しく、人間とのコミュニーケーションもすぐ慣れる子が多いようです。

ソマリはアビシニアンから派生した種類。見た目もとってもアビシニアンそっくりです。

■関連記事

■8位 メインクーン

メインクーン
画像:wikipedia

平均的な値段 8万円〜15万円
性格 温和で飼い主にとてもよく懐く
毛の種類 長毛

猫の中でも体のサイズが大きいことで有名な「メインクーン」。

猫の平均的な体重は3~4キロほどの種類が多いですが、メインクーンの平均体重はオスで7キロほど、メスで5キロほどが平均となっています。

性格はオスはとっても甘えたがり、メスはマイペースという特徴をしています。

長毛の種類の猫であり、フサフサした分厚い毛をしています。

飼育の際はブラッシングや、抜け毛のお掃除などを定期的にしてあげましょう。

■関連記事

■9位 ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェジャンフォレストキャット ノルウェージャンフォレストキャット
画像:wikipedia

平均的な値段 15万円〜30万円
性格 ストレスに強く、賢い
毛の種類 長毛

ノルウェーが原産で長くフサフサした毛が特徴の「ノルウェージャンフォレストキャット」。

体のサイズは大きめでオスで6キロ、メスで5キロほどが平均体重となっています。

寒い過酷な環境で生活していた猫であるため、ストレスに強く環境の変化にも強い猫といわれています。

ゴージャスな被毛を持っており、「森の妖精」と呼ばれている猫です。

■関連記事

■10位 トンキニーズ

トンキニーズ,猫,種類,人気,ランキング,性格
画像:wikipedia

平均的な値段 12万円〜25万円
性格 社交的で、愛嬌たっぷり
毛の種類 短毛

薄くゴールドがかった美しい被毛が特徴の「トンキニーズ」。

シャム猫とバーミーズを交配して誕生した種類です。

トンキニーズシャムは見た目がとってもそっくりですが、トンキニーズは手足が丸みがかっており目の色が青や緑など様々。

一方、シャムはすらっとした体つきをしており、鼻や目立ちもシャープであり目の色は青のみです。

■関連記事