変わったペット!「モモンガ」の飼育について。お値段・飼いやすさは??

スポンサードリンク


モモンガってどんな動物?


画像:flickr

ペットブームにつれて少し変わった動物を飼育したいと思う人も増えてきています。

ペットとして人気の上がっている動物としては、ハリネズミフクロウなどが飼育数が増えてきていますが、モモンガもその愛くるしい姿から人気を集めています。

モモンガとはどんな性格で飼育方法はどのようなものでしょうか??

モモンガってどんな動物??


画像:flickr

とっても可愛らしい見た目をしているモモンガですが、分類としてはリスと近い仲間です。

動物の分類上では「ネズミ目リス科」に属する動物。夜行性で昼間は木の洞穴などに生息している生き物です。

日本でも野生で生息している生き物で、北海道~九州まで幅広く生息している生き物。

見た目の似ている「ムササビ」と混同されやすいですが、種類としては異なる生き物。


画像:flickr
※ムササビは見た目もちょっと大きい。

ムササビも同じ「ネズミ目リス科」に分類されていますが、体の大きさや生息地などが異なる生き物なのです。

モモンガってどんな性格??


画像:flickr

モモンガは夜行性の生き物。昼間はほとんど寝ていることが多く、夜は活発に行動をする生き物です。

そのため、生活リズムによっては昼間にモモンガと触れ合うことができない、、ということもあります。

警戒心が強い生き物のため、無理に起こそうとすると攻撃的になる一面もあります。

トイレのしつけは少し大変。犬猫など一般的なペットと比較して臭いがきつくトレイのしつけはかなり難しい生き物です。

ケージ内にトイレを設置しても、気にせずいろんな場所でトイレをしてしまう動物です。

少し初心者にとってはハードルの高いペットかもしれません。

モモンガの飼育のお値段は??


画像:flickr

ペットとして人気のモモンガ。最近でもペットショップでも販売されていることもあります。

モモンガの種類の中で代表的なのが、「フクロモモンガ」「アメリカモモンガ」

この2種類では生態に少し異なる特徴があります。

【フクロモモンガの特徴】


画像:flickr

原産国 オーストラリア・ニューギニア諸島
体重・体長 100~180グラム・約20cm
エサ 雑食性(樹液・植物・昆虫など)
価格 1~5万円
平均寿命 8~10年
性格 人に慣れる・複数飼育も可能

フクロモモンガは「モモンガ」という名前が付いていますが、実はカンガルーの仲間!
お腹に袋があってこの中で子育てをする生き物なのです!

【アメリカモモンガの特徴】


画像:flickr

原産国 アメリカ・カナダ・メキシコ
体重・体長 80~100グラム・約15cm
エサ 雑食性(樹液・植物・昆虫など)
価格 3~5万円
平均寿命 5~10年
性格 なつきにくい・単独飼育

アメリカモモンガはペットとしての歴史も長く、トイレの臭いが強くないなど特徴があります。
しかし、輸入が制限されていることから入手が難しく、値段も高い傾向があります。

モモンガの可愛いところって??


画像:flickr

モモンガの可愛いところはなんといっても愛らしい見た目。体のサイズも小さく手のひらに乗っかるサイズです。

また、飼育の難しい印象のモモンガですが、赤ちゃんの時から触れ合っていると人に懐く動物です。

時々甘えてきたり、ぐっすり眠ったり、、大きな瞳の可愛らしい見た目に合わせて仕草もとっても可愛い生き物です♪

ペットとしての飼育は少し難しい生き物ですが、懐いてくれるととっても可愛らしいモモンガ♪

購入を検討している場合は、生活リズムや飼育環境から考えて飼育を検討してあげてくださいね♪

#モモンガ #ペット

ゆずさん(@yuzu8303)がシェアした投稿 –