猫 無駄鳴き 夜鳴き 原因

夜鳴きや無駄鳴きなど。猫が過剰に鳴く理由は?

スポンサーリンク

■いつもより過剰に猫が鳴いている。そんなことありませんか?

猫 無駄鳴き 夜鳴き 原因
画像:flickr

「猫がいつも以上に鳴いている。夜鳴きを頻繁にしている。」そんなことはありませんか?

猫が夜鳴き、無駄鳴きをしているのは寂しいといった感情的な理由や、空腹やストレスなど環境的な要因があります。

どのようなことが原因で猫の夜鳴き・無駄泣きが起きてしまうのか。原因と対策法を紹介します。

■鳴き声には気持ちが表れています。

猫 無駄鳴き 夜鳴き 原因
画像:flickr

猫の鳴き声にはいろんな種類があり、それぞれに意味があります。

例えば、短い声で「ニャ」と鳴く時。

これは猫同士でのあいさつのような鳴き方です。

相手を威嚇せず、信頼を相手の猫に対して表現しています。このような鳴き方は人間に対してはほとんど使いません。

また、のどの奥から「グルッグルッ」と荒い声を出す時。

これは欲しいモノや何かを求めている時によく現れる声です。

小さい声で喉をグルグル鳴らすのは満足の証ですが、荒い鳴き声でこのように鳴く時は猫の欲求が表れています。

■夜鳴きはメス猫に多いかもしれません。

メス猫 鳴く 夜鳴き 不妊手術
画像:flickr

夜鳴きのパターンとしては、長い遠くに響くような声で「ンニャ〜〜」と鳴くような時があります。

これはメス猫の発情期によく見られる行動です。

不妊手術をしていないメス猫はこのような声でしつこく夜鳴きを繰り返すことがあります。

この鳴き声はだんだんエスカレートしていきます。時には一晩中このような鳴き方をするなんてことも。

しかし、このように鳴く場合は発情期の一時的なものです。

決してストレスが溜まっていたり、飼い方が悪いといったものでは無く、猫の本能的な行動の一部です。

少しの期間だけ飼い主も我慢してあげましょう。

このような鳴き方が長期に渡って続く場合は、発情期ではない別の原因がある可能性があります。

その際はお医者さんに行き、専門的な知識のある方に病気などの原因が無いか診てもらいましょう。

■子猫がよく無く理由は?

子猫 夜鳴き 無駄鳴き
画像:flickr

子猫が夜鳴きを繰り返すことがあります。

子猫の時期は非常に敏感です。ちょっとした空腹や寂しいといったことが原因で鳴くことが多いです。

特にノラ出身の猫であったり、ペットショップで飼ってきた猫など、母猫がいない場合は夜鳴きがひどいこともあります。

このような場合は、かまいすぎず厳しくしすぎないことが大事です。

夜鳴きを繰り返す度、猫にかまってあげると猫がその過程を学習してしまいます。

何か不満な事があると鳴く事で飼い主が解決してくれると覚えてしまいます。

猫にかまいすぎることで、大人になっても夜鳴きが習慣づいてしまいます。

成猫になっても夜鳴きをしてしまう可能性があります。

対策としては、できれば飼い主と一緒の部屋で寝かせてあげましょう。

一緒の空間で寝ているだけでも猫は安心感を持ち、リラックスすることができます。

また、昼間など飼い主がいない時間には猫の寝床に飼い主の匂いのついたものを置いてあげましょう。

猫は匂いで安心感を感じます。リラックス出来る寝床に母親や飼い主の匂いのついたものがあると安心する事ができます。


スポンサーリンク