フェレット 飼育 飼い方

フェレット飼い方の注意点は?飼育方法まとめ。

スポンサーリンク

■可愛いフェレット。飼い方の注意点は?

フェレット 飼い方 画像
画像:photozou

可愛らしい表情でペットとして人気のあるフェレット

珍しい動物のため飼いたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、犬や猫、ハムスターなどと比べて飼っている人は少なく、「フェレットの飼い方はどうすれば良いの?」という疑問がある人も多いとは思います。

今回はフェレットを飼う際の注意点についてまとめてみました。

■フェレットの寿命は?

フェレット 飼育 飼い方
画像:flickr

ペットとして飼うということは家族の一員になるということ。

フェレットの一生には飼い主が責任を持って見守ってあげたいものです。

フェレットの平均的な寿命は8年ほど。健康であれば10年近く生きる種類もいます。

ちなみにフェレットの平均的な体重は2キロ前後。平均的な体長は30~50センチほどです。

■フェレットの飼育環境は?

フェレット 飼育 ケージ
画像:flickr

フェレットにはフェレット専用のケージを用意してあげる事が望ましいです。

ウサギやモルモットなど中規模の動物用ケージではフェレットにとっては十分な運動できる環境ではありません。

特に寝床は常に清潔に、広めの場所を用意してあげましょう。

フェレットは一日20時間ほど寝ている動物です。

■フェレットの性格は?

フェレット 性格 しつけ
画像:flickr

フェレットは非常に賢い動物です。

そのため、トイレのしつけや名前を覚える事は比較的簡単です。

そのため、世話が楽なペットといえます。

また、非常に賢いため、ケージのドアが簡単な仕組みのものであると脱走をしてしまいます。

ケージの管理は厳重にしておきましょう。

■フェレットのエサは?

フェレット エサ
画像:flickr

フェレットのエサはフェレット専用フードをあげることが望ましいですが、キャットフードでも代用できます。

おやつも時々与えてあげましょう。

フェレットは肉食の動物。犬用のジャーキーなどをあげると喜んで食べます。

おやつとしてはチュートーイ(固形状のおやつ)・フェレットバイト(フェレット用のビタミン済)などが好物です。

フェレットに与えてはいけないものは野菜・ごはん・パンなどです。これらの食べ物は肉食のフェレットにとって消化できない食べ物です。

■飼い主にも懐いてくれるフェレット


動画:youtube

飼い主にも懐いてくれるフェレット。安心した様子でこんな可愛い姿を見せてくれるかもしれません。


スポンサーリンク