ハリネズミ 飼い方 飼育 エサ

ピグミーヘッジホッグ(ハリネズミ)の飼い方は?

スポンサーリンク

■ピグミーヘッジホッグの飼い方まとめ

ハリネズミ 飼い方 飼育 エサ
画像:photozou

近年、ペットとして人気上昇中の動物ハリネズミ

中でもペットショップなどで多く扱われている最もメジャーな種類はピグミーヘッジホッグ(ヨツユビハリネズミ)という種類です。

しかし、ハリネズミの飼い方に関しては情報が少ないのも事実です。

今回は、ハリネズミの飼い方の注意点についてまとめました。

■夜行性のため昼間は静かに。

ハリネズミ 飼い方 飼育 エサ
画像:flickr

ハリネズミのほとんどの種類は夜行性です。

ハリネズミはもともとは、砂漠に生息しています。

そのため、気温が上がる日中は土の中で暮らし、気温が下がった夜に行動を始めるという習性があります。

そのため、飼育する際も昼間は静かな環境にしてあげましょう。

■ハリネズミにとっての適温は25~28度。

ハリネズミ 温度
画像:photozou

ハリネズミにとっての適温は25~28度です

人間にとっては少し暑く感じる気温かもしれません。

30度を超えると、ハリネズミも熱中症にかかってしまいます。

熱中症にかかってしまうと、運動量の低下、食欲減退といった症状が見られます。

特に冬場は注意。

日本で飼育すると、ハリネズミにとって冬場の寒さはかなり厳しいものになります。

ペット用の保温ヒーターなどを用意して上げましょう。

■かかりつけの動物病院を見つけておこう

ハリネズミ 動物病院
画像:flickr

ハリネズミを飼育する際、かかりつけの動物病院を見つけておくことは非常に重要となります。

ハリネズミはまだペットとして飼育されて歴史が浅い動物です。病院でも見てくれる場所が限られてしまうといったこともあります。

「ハリネズミに万が一の事が起こってしまった!」そんな時にとっさに動物病院に飛び込んでも診察を断られてしまうといった事例もあります。

ハリネズミの診察ができる動物病院は下調べをしておきましょう。

■ハリネズミのエサはどんなもの?

ハリネズミ エサ ミルワーム
画像:photozou

現在、ハリネズミ専用のフードが売られているペットショップは少ないです。

その場合、ドッグフードやフェレットフードで代用することができます。

ハリネズミは基本的に雑食。エサを与えれば何でも食べてくれます。

エサの量の適量は体重の3分の1が理想とされています。

また、ハリネズミは高タンパクの食事を必要とします。

エサとしてミルワームや昆虫を一日に数量与えてあげましょう。

ハリネズミに与えていけないエサとしては、ネギ類・ニンニク・チョコレート・牛乳・アボカド・レーズン・ナッツ類などです。

これらのエサを与えてしまうと消化器に不調を起こし、重大な病気に繋がってしまいます。


スポンサーリンク