ヨウム アレックス インコ

足し算ができる!ヨウムのアレックス君の経歴!

スポンサーリンク

■ヨウム界の天才「アレックス」君

ヨウム アレックス インコ
画像:flickr

ヨウムとは大型のインコの仲間。

外見の特徴としては、力強い筋肉質な体つきをしており、グレーの毛色、しっぽは赤色であることです。

ペットとして飼われている事例もあり、近年では人気も上昇しています。

寿命はなんと50年。鳥類の中でもかなり長生きする部類に入ります。

主にアフリカに生息しており、非常に頭が良い事で有名です。

そんなヨウムの中でも特に頭が良い個体が確認されています。

■足し算ができるヨウム「アレックス」

ヨウム アレックス 動画 画像
画像:flickr

アレックスはアメリカの心理学者アイリーン・ペッパーバーグ博士によって飼われていたペットのヨウム。

なんと足し算ができたといわれています。

これは死後の論文によって発表されたもの。

実験内容としては、ブロックの数を数える、数字を見せて足し算させて見るといったものでした。

実験を繰り返した結果、なんとアレックスは8までの足し算を覚え、色に関しては50もの色を識別することができたというものです。

ちなみに、人間以外で足し算ができると確認されている動物はチンパンジーとヨウムのみです。

人間にすると5歳児程度の能力を持っていることとなります。

鳥がかなり高度な脳の機能を持っているということをアレックスは証明しました。

■0(ゼロ)の概念まで理解できた?

その後、複数の実験を繰り返す中で、アレックスは0の概念も取得したとされています。

赤、青、緑のブロックを複数用意し、「緑のブロックはいくつ?」と問いかけた所、「none(無い)」という回答をしたと発表されています。

ゼロの概念は人間でも理解が複雑なもの。

このことからヨウムの脳はかなり高い知性を秘めている可能性を示しました。

■ヨウムのアレックスの動画

残念ながら、ヨウムのアレックスは1976年〜2007年と31歳の年齢で亡くなってしまいました。
しかし、テレビや雑誌などで多く取り上げられ、現在でも動画が残っています。


動画:youtube

こちらはテレビに出演した際のアレックス。
人間とコミュニケーションを取っている事で観客は驚いています。


スポンサーリンク