ボレー粉 セキセイインコ

インコのエサ「ボレー粉」とはどんなもの?役割や分量など。

スポンサーリンク

■あまり聞き慣れない「ボレー粉」とは?

ボレー粉 セキセイインコ
画像:photozou

インコのエサ「ボレー粉」。インコを飼っていない人や初めて飼うといった人にとってはあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

ボレー粉とは、カキ(牡蠣)の殻を砕いてエサ状にしたもの。

文鳥やインコなどのエサでよく使われるものです。

ボレー粉には鳥にとってどいうった役割があるのでしょうか。

■ボレー粉の役割とは?

ボレー粉 役割 量
画像:photozou

※手前の白いエサがボレー粉

ボレー粉は鳥にとって必要な栄養分を補給する事に役立ちます。

ボレー粉の成分である牡蠣の殻には「ミネラル」「ヨウ素」「カルシウム」など豊富に含まれています。

ペットショップなどでは主にインコ用のエサとして「ペレット」が販売されています。

ペレットは、シード(種)がメインの食材であるため、基本的な栄養素は含まれていますがそれだけでは鳥はカルシウム不足になってしまいます。

鳥はカルシウムを多く取る必要があり、不足してしまうと筋肉や骨の病気にかかってしまったり、骨の以上である「クル病」という病気にかかる可能性も高くなってしまいます。

また、栄養不足は遺伝として影響しやすいとされています。

親の栄養不足が子供の成長に大きく関わってしまいます。

インコやオウムを飼っている人は「ボレー粉」を定期的に与えてあげましょう。

■ボレー粉の与え方は?

ボレー粉はそのまま与えてはいけません。

牡蠣の殻ですので、不純物や塩分が多く付着しています。

塩分を多く取ってしまうと、人間と同じく多飲多尿の原因となってしまいます。

これは鳥の肝臓に大きな負担をかけてしまい、健康上よくありません。

■ボレー粉の与え方
1、ボレー粉はまず水洗いが必要です。
米研ぎと同じ要領で3~4回程すすぎを繰り返します。

2、その後、煮沸します。
これは消毒のためです。

3、煮沸後は、冷蔵庫に入れて乾燥させます。
乾燥が終わったら、エサとして与えても可能です。

ボレー粉を与える量は食事の5分の1程度で良いと言われています。

鳥の適切な食事量は体重の10分の1といわれているので、50グラムの鳥であればボレー粉の量は1グラム程度で良いです。

■ボレー粉の代用品は?

ボレー粉 イカ インコ
画像:flickr

ボレー粉の代用品としては、乾燥したイカを与えても良いです。

こちらもペットショップなどで販売されている事も多くあります。

イカもカルシウムが豊富に含まれています。

鳥のカルシウム摂取としてボレー粉の代用となります。


動画:youtube

ボレー粉をインコはこんな感じで食べます。
量もメインの食材と比べ少量で良いです。


スポンサーリンク