犬 飼い主 似る

犬と飼い主の一番似るポイントは「目」だった?

スポンサーリンク

■犬と飼い主の一番似ているポイントは目!

犬 飼い主 似る
画像:flickr

「犬と飼い主は似ている」という言葉は良く聞きますよね。

そんな言葉どおり、「犬と飼い主か一体どこが似ているのか。」という論文が発表されています。

この論文は関西学院大学の中島教授が2013年に発表したもの。

犬と飼い主がどこが似ているのかという部分について実験が行われています。

■実験の内容は?

この実験は飼い犬40頭と、その犬の飼い主40人で行われました。

まず、20組ずつグループに分けます。

一つのグループは飼い主と飼い犬が正しく分類されたもの。

もう一方のグループは飼い主と飼い犬が間違って配置されたペアとなります。

この両方のグループを参加した学生500人が似ているペアを選ぶというものでした。

また、似ているペアを選ぶ際は、

1、目を隠し、口で選ぶ状態
2、口を隠し、目で選ぶ状態
3、顔全体が見える状態

といった様々な方法でペアを選ばせるという方法で行われました。

■結果は一体・・?

結果は「3、顔全体が見える状態」では80%近くが正解し、次に「2、口を隠し、目で選ぶ状態」が70%近くの正解率だったということです。

ちなみに「1、目を隠し、口で選ぶ状態」では正解率は50%程度だったとのこと。

この結果から犬と飼い主が似ていると判断するポイントは目であるということがわかりました。

中島教授のコメントでは「飼い主は自然と自分と目が似ている犬を選択しているのではないか」ということです。

■犬と飼い主にまつわるこんな研究も。

犬 嫉妬心 論文
画像:flickr

「犬が飼い主に嫉妬心を抱くのか?」という研究も行われています。

これはカリフォルニア大学の研究チームが2014年に発表した論文。

実験対象とされたのは、36匹の犬とその飼い主。

実験内容は犬に「飼い主が犬のぬいぐるみと遊んでいる動画を見せ、その後の行動を観察する」というものでした。

実験を行った結果、なんと80%以上の犬が飼い主がぬいぐるみと遊ぶ動画を見た後、ぬいぐるみを払い落とす、飼い主から遠い位置にぬいぐるみを置くなどの行為を見せたそうです。

嫉妬心は人間特有の感情と言われてきましたが、研究結果により、犬にも嫉妬心のような感情があるのではないかということがわかったようです。


スポンサーリンク