チン

チンってどんな犬種?〜犬の種類の解説〜

スポンサーリンク

■チン(狆)という犬の解説。

チン
画像:flickr

チンという犬はもともと中国や韓国原産の犬です。

日本には奈良時代のころに入ってきたとされ、日本での飼育の歴史はかなり長いものとなります。

長い飼い犬としての歴史があるため、非常に大人しく、しつけがしやすいという性格をしています。

(チン)という字の語源は「小さい」という意味。チンは犬のなかでも比較的小型な部類に入るのでこの名前がつけられました。

体長の平均は30センチ程度、体重の平均は3キロ前後と小型犬の部類にはいります。

■チン(狆)の性格の特徴は?

チン 性格
画像:photozou

飼い犬としては非常に向いている犬種といわれています。

チンは長く飼い犬としての歴史があるため、人間と共生しやすい性格の特徴を持っています。

まず1つとして、体臭が少ない事

室内犬として体臭が少なく、抜け毛も少ないというメリットがあります。

非常にキレイ好きな犬種なので、匂いなど他の犬と比べあまり気になりません。

また、しつけも非常に簡単です。

キレイ好きな性格からか、トイレも簡単に覚えてくれます。

無駄吠えもすくなく、家具をかじったりする事もほとんどありません。

最大の特徴は人懐こいこと。

性格は社交的な種類が多いです。

初対面の人でも気軽に打ち解けることができます。

散歩中、他の犬種と出くわしても吠えたり、追いかけようとするといったことはほとんどありません。

飼い主にとても忠実で甘えたがりという可愛い性格をしています。

■チンを飼う際の注意点は?

チン 病気
画像:photozou

チンは飼い犬として非常に優秀な一面を持ちますが、病気に弱いという一面を持ちます。

まず、高温多湿の環境が苦手です。

長毛な犬種のため、暑さに弱く、夏場の温度管理には要注意です。

また、耳の垂れた犬の多くは、耳の病気にかかりやすいという性質を持っています。

定期的に飼い主が掃除をして健康には気を遣ってあげましょう。

■チンのお値段は?

チンは多くのペットショップでも取り扱われています。

値段は8~10万円程度が相場となっています。

小型犬としては、平均的な価格と言えます。


スポンサーリンク