ハムスター 熱中症 日射病

ハムスターの熱中症に注意!もしもの時の対策法は?

スポンサーリンク

■ハムスターも熱中症にかかります。

ハムスター 熱中症
画像:flickr

「急にハムスターがぐったりしている!」

そんな時はハムスターが熱中症にかかっている可能性があります。

特に、春から夏にかけての時期は気温の変化が激しい季節。

人間にとって適温であっても、ハムスターにとっては不快な気温であるというケースもあります。

ハムスターはどのような場合、熱中症にかかるのでしょうか。

そして、もし熱中症が疑われる場合はどのような対策をすればいいのでしょうか。

■ハムスターにとって適温とは?

ハムスター 気温 適温 温度
画像:photozou

ハムスターにとっての適温は20~25度の気温。

26度を超えてしまうと、暑いと感じてしまうため熱中症のリスクが高くなります。

種類によっても気温に耐性があります。

ゴールデンハムスターは暑い砂漠地域に生息していたため、寒さに弱く、暑さに強いという体質をしています。

キャンベルハムスター・ロボロフスキーハムスターはもともと寒い地域に生息していた種類なので、寒さに強く、暑さに弱いという体質を持っています。

ハムスターは気温に敏感な動物。

部屋の気温に注意し、ハムスターにとっての適温である20度程度の環境を保ってあげましょう。

■熱中症にかかってしまった場合は?

ハムスター 熱中症 対策
画像:flickr

部屋の気温が高い・窓際で飼育しているため直射日光があたってしまったなど思いがけない原因でハムスターは熱中症にかかってしまう可能性があります。

ハムスターが熱中症にかかってしまった場合はゆっくりと体温を下げるということが重要です。

間違っても、扇風機の風にあてたり、保冷剤ほ直接当てたりしてはいけません。

ハムスターは汗をかかないため、扇風機の風では体温が下がりません。

また、保冷剤を直接あててしまうと、急激な体温低下をまねき、ハムスターの体に負担を与えてしまいます。

一番良い方法は、冷やしたタオルでくるんであげること。

冷えたタオルでゆっくり体温を下げてあげる必要があります。

だんだんとハムスターが元気になってくれば、糖分を取らせてあげましょう。

熱中症の場合は、脱水気味になっているため糖分を多く取り、効率良く水分補給をする必要があります。

はちみつや、砂糖を水に薄めて与えてあげましょう。

回復後でも、病院に連れて行ってあげることは重要です。

脱水症状がひどい場合であると点滴が必要なケースもあります。


スポンサーリンク