8078925833_df192cfe45_z

キャンベルハムスターってどんな性格?

スポンサーリンク

■ペットとしての歴史が浅いキャンベルハムスター

キャンベルハムスター 性格
画像:flickr

キャンベルハムスターがペットとして飼われ始めたのは比較的歴史が浅いです。

日本でキャンベルハムスターが飼われ始めたのは1990年代から。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンハムスターがペットして飼われたのは1950年代のことなので、それらの種類と比較しても歴史が浅い事がわかります。

もともと中国やモンゴルに生息していたハムスターで、別名「シベリアンハムスター」とも呼ばれます。

キャンベルハムスターの特徴とはどういったものでしょうか。

■キャンベルハムスターの特徴

キャンベルハムスター 性格
画像:flickr

キャンベルハムスターは比較的、気の強い性格をしているといわれます。

個体差はありますが、ペットとしての歴史が浅いため、人間に慣れていない事が多いです。

小さい時にはその性格の強さから飼い主の手を噛んだりすることもしばしばあります。

根気づよく接して、時間をかけて慣れさせてあげましょう。

また、運動量の多いハムスターでもあります。

ちょこちょことした動きでよく運動します。

小柄なハムスターなのでちょこちょこ動き回る姿は可愛いですよ♪

■キャンベルハムスターの毛色

キャンベルハムスターは非常に毛色が多い事が特徴です。

■キャンベルハムスター・イエロー

キャンベルハムスター イエロー
画像:flickr

こちらはキャンベルハムスターの「イエロー(アージェント)」
全体的にオレンジから茶色がかった色をしていることが特徴です。

■キャンベルハムスター・ブルーフォーン

キャンベルハムスター ブルーフォーン

こちらはキャンベルハムスターの「ブルーフォーン」といわれる色。
ブルーフォーンとはオパール(ブルー)とベージュの遺伝子をもつ個体です。
ブルーがかった背中の毛色と部分的に黄色が入っていることが特徴です。

■キャンベルハムスター・セルフブルー

キャンベルハムスター セルフ ブルー

セルフとは全身が同じ毛色をしている種類のことです。
ブルーとは灰色から青みがかった色をしている個体です。

■キャンベルハムスター・セルフブルー

キャンベルハムスター セルフ ブルー 

こちらはセルフのなかでも全身が黒の毛で覆われたブラックというタイプ。
別名「ノンアグーチ」ともいわれます。
全身が黒で覆われた種類は珍しい種類です。

■アルビノという特殊な種類も

キャンベルハムスター アルビノ
画像:wikipedia

キャンベルハムスターの中には「アルビノ」とよばれる特殊な種類がいます。

アルビノとは全身が真っ白の毛色の種類のこと。

遺伝子の突然変異で色素が抜け、全身が白い毛で覆われています。


スポンサーリンク