ノルウェージャンフォレストキャット

ノルウェージャンフォレストキャットに関する雑学

スポンサーリンク

■ノルウェージャンフォレストキャットはどんな性格?

ノルウェージャンフォレストキャット
画像:flickr

ノルウェージャンフォレストキャットはノルウェーで長く愛されてきた猫の種類です。

名前の通り、フォレスト(森林)の中で生活してきた猫で、ノルウェーの寒い気候にも耐えてきた猫です。

外見の特徴も寒さに耐えるため、非常に分厚い毛皮で覆われています。
この毛皮は2層構造になっているため、寒い気候に対応できるものとなっています。

■神話にも登場する猫

フレイア ノルウェージャンフォレストキャット
画像:wikipedia

ノルウェージャンフォレストキャットは神話にも登場する猫です。

可愛い見た目から「森の妖精」とよばれ親しまれてきました。

その大きな体格から神様が地上から連れ去ろうとしたところ、あまりに重たくて持ち運べなかったという話が残っています。

また、北欧神話の女神、「フレイア」もノルウェージャンフォレストキャットを愛していたという説が残っています。

フレイアは豊穣や美貌の女神。
フレイアの戦車はノルウェージャンフォレストキャットが引いていたとされています。

■日本で飼うと毛皮が変化していく?

ノルウェージャンフォレストキャット
画像:flickr

ノルウェージャンフォレストキャットはもともと寒い地域で生活していた猫。

そのため、非常に厚い毛皮を持っています。
そのため、日本で室内飼いをする場合は少し暑く感じてしまうようです。

毛皮が生え変わり、短く柔らかい毛に変化していきます。

■メインクーンとの見分けが難しい?

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンはそっくりな品種。

メインクーンとあまりにそっくりなため、ノルウェージャンフォレストキャットはなかなか猫の品種として登録されなかったという歴史があります。

メインクーンはアメリカ原産で、非常に寒い地域で育った猫。
そのためノルウェージャンフォレストキャットと同じく、厚い毛皮を持っています。

ノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンには簡単な見分け方があります。

それは、メインクーンには「リンクスティップ」という耳の先に毛が生えている事。

メインクーン
画像:wikipedia
※耳先の毛とカーブのある鼻

また、鼻筋にも違いがあり、メインクーンはカーブが特徴的な鼻筋をしています。


スポンサーリンク