ラグドール 毛色

猫「ラグドール」の毛色についてのまとめ。

スポンサーリンク

ラグドールの毛色は主に3種類。

ラグドール 毛色
画像:pixabay

モフモフの毛で人気の高い猫、「ラグドール」
ラグドールはアメリカで生み出された猫の品種で、共通して青色の目を持つという特徴がああります。

長毛種であり、長い毛を持つ猫です。
ラグドールの毛色には主に3種類の毛色があります。
「カラーポイント」「ミテッド」「バイカラー」の3種類についての解説です。

■ラグドール・カラーポイント

ラグドール カラーポイント
画像:pixabay

顔の周りだけ色が異なる毛色が「カラーポイント」という品種。
また、手足やしっぽの部分も同じく、ポイントで色が入っています。

生まれた時には、特徴的な色は入っていませんが、成長するにつれて体に特徴的な色が生えてくるようになります。

カラーポイントの色は茶色が目立つ「シールポイント」、灰色やグレーの色が特徴的な「ブルーポイント」、ピンクからオレンジがかった毛色をした「レッドポイント」

ラグドール シールポイント
画像:pixabay
※シールポイント

ラグドール ブルーポイント
画像:flickr
※ブルーポイント

ラグドール レッドポイント
画像:flickr
※レッドポイント

■ラグドール・ミテッド

ラグドール ミテッド
画像:flickr

ミテッドはカラーポイントから派生した種類です。
カラーポイントとほぼ違いはありませんが、お腹周りにも模様が入っている事が特徴です。

ラグドール ミテッド
画像:flickr

鼻や、額のあたりに白い筋のようにホワイトの筋が表れる事もあります。

■ラグドール・バイカラー

ラグドール バイカラー

上の2種類のラグドールとは模様が少し異なり、鼻の周りや額はホワイトで、眉や耳にかけて「八」の形に色がついているものがバイカラーです。

バイカラーの色に関しても多くのカラーがあり、茶色っぽい「シール」、灰色やグレーの「ブルー」、赤みがかった「レッド」などのものがいます。


スポンサーリンク