カワウソ,種類,ペット,飼育,画像,写真

カワウソにはどんな種類がいる?ペットとして飼育されている種類は??

スポンサーリンク

カワウソにはどんな種類がいる?

カワウソ,種類,ペット,飼育,画像,写真
画像:flickr

可愛らしい姿から話題となっている動物「カワウソ」

ペットとして飼育されていることもあり、その可愛らしい姿にはとっても癒されます♪

カワウソにはどんな種類がいるのでしょうか。

ペットとしても飼育されている「コツメカワウソ」。

コツメカワウソ,種類,画像,写真,,
画像:flickr

カワウソの中で最もポピュラーな種類「コツメカワウソ」

日本の動物園でも一般的に飼育されている種類であり、ペットとして飼育されていることもあります。

コツメカワウソは東南アジア(インドシナ半島・マレー諸島)に生息しています。

カワウソの中では最も体のサイズが小さい種類であり、前足が小さい特徴からコツメカワウソという名前がつけられました。

体長の平均は40~60センチほどで体重は3~5キロほどが平均となっています。

ちょっと大きいサイズ。「ツメナシカワウソ」


画像:flickr

ツメナシカワウソは日本では珍しいカワウソで、南部アフリカに生息している動物です。

茶色い褐色の毛色が特徴ですが、喉からお腹にかけて白い毛色の模様が入っていることが特徴です。

ツメがないという外見の特徴をしていますが、泳ぎはとっても得意。

エビやカニなどを捕まえて食べ、水深の深いところまで潜って魚を捕まえることもあります。

体長の平均は1mほどで、体重は10キロほどとコツメカワウソより一回り大きいサイズをしています。

最も数が多い種類「ユーラシアカワウソ」。

ユーラシアカワウソ,Eurasian otter,種類,画像,写真,
画像:flickr

日本で最もポピュラーな種類はコツメカワウソですが、世界で最も数が多い種類は「ユーラシアカワウソ」という種類。

ヨーロッパカワウソという名前でも呼ばれています。

中国やユーラシア大陸全般に生息しており、カワウソの中では最も分布域が広い種類です。

毛皮を狙って乱獲されることがあり、個体数がどんどん減っている種類です。

日本でもわずかに飼育されており、一部の動物園や水族館で見ることができます。

体長は50~70センチほどで体重は7~10キロほどが平均となっています。

カワウソはペットとして飼育できる??

カワウソ 赤ちゃん 画像
画像:flickr

カワウソはとっても珍しい動物で、テレビなどでも時々ペットして飼育されている姿が紹介されることもあります。

「ペットとして飼育できるの?」と思う人もいるかもしれませんが、飼育はとっても大変。

また、値段や飼育の維持費などもかかるため、かなり上級者向けのペットといえます。



スポンサーリンク