【ハムスター】アルビノってどんな種類?飼育の注意点とは?

スポンサーリンク

ハムスターのアルビノってどんな種類?

ハムスター,アルビノ,ゴールデン,キャンベル,ジャンガリアン,種類,画像
画像:flickr

ハムスターの毛色の中にはアルビノといわれる種類がいます。

アルビノとは、真っ白な体毛をしており、真っ赤な目をしていることが特徴。

アルビノは遺伝的な要因から起こり、白化現象といわれることもあります。

“アルビノ(albino)は、動物学においては、メラニンの生合成に係わる遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患がある個体である。”
wikipedia

ハムスターの種類に関わらずアルビノとなる可能性があるため、ゴールデン・ジャンガリアン・キャンベルなどそれぞれの種類にアルビノという個体が存在します。

アルビノの性格の特徴とは?


画像:flickr

アルビノは遺伝の突然変異から発生する個体であるため、生まれつき体が弱く病気にかかりやすい可能性があります。

また、見た目も通常のハムスターと比較して一回り小さいサイズの個体が多いようです。

性格は基本的に普通のハムスターと大きく違いはありません。

ただ、体が弱い個体が多いため、少し臆病な性格な子が多いといわれています。

いずれにしても、体の強さや性格などは個体によって差があるため、アルビノの中でも飼育しやすい子もいます。

アルビノの寿命は短いの?


画像:flickr

アルビノは寿命が短いという噂も多く聞くことがありますが、性格な寿命の統計が取られている訳ではありません。

視力が生まれつき弱かったり、体が弱く病気になりりやすい子は多いようですが、個体差があるため体の強い子は通常のハムスターと同じくらい長生きすることもあります。

アルビノのハムスターは高額?


画像:flickr

アルビノのハムスターはとっても珍しい種類。

数万匹に一匹の割合で誕生するくらいといわれています。

そのため、ペットショップなどで販売される際も高額となることが多いです。

通常の場合と比較し2~3倍の値段となることもあります。


スポンサーリンク