コツメカワウソ,画像,可愛い,,

コツメカワウソってどんな動物?ペットとしての飼育方法は??

スポンサーリンク

コツメカワウソってどんな種類??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

とっても可愛らしい表情で人気が集まってきている動物「カワウソ」♪

愛くるしい表情や仕草など動物園でもイベントがあると大変注目が集まります。

最近ではカワウソ人気からカワウソと触れ合うことができるカフェも登場しています。

カワウソには様々な種類がいますが、日本の動物園などで見かけるのは「コツメカワウソ」という種類。

コツメカワウソとはどんな種類なのでしょうか??

コツメカワウソの特徴は??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

コツメカワウソは東南アジア(インドシナ半島・マレー諸島)に生息しているカワウソ。

川辺の地域に生息し、10頭ほどで家族で縄張りを作って集団生活をしています。

コツメカワウソはカワウソの中でも小さな種類。

体長は50センチほどで体重は3〜5キロほどが平均です。

前足がちいさく、ちょこっとした可愛らしい爪が名前の「コツメ」の由来となっています。

意外とペットとして飼育しやすい??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

カワウソはもともと家族で生活している生き物。

そのため、コミュニケーションが取ることが得意な動物です。

人間に慣れてくると芸を覚えることもできるのです。

こんなに可愛いい芸もできます♪


コツメカワウソの生態は??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

野生のカワウソの寿命は平均して5~10年ほど。

飼育されている環境のカワウソの場合、15年近くも生きることもあります。

カワウソは昼行性で主な食事は、貝や魚など。

飼育されているカワウソの場合、フェレットフードでも代用は可能です。

また、カワウソはとっても遊び好きな生き物。

飼育する際には水遊びができる環境が必要になります。

ペットとして飼育することは難しい??

コツメカワウソ,画像,可愛い,,
画像:flickr

とっても可愛らしいカワウソですが、ペットとして飼育することは難しい動物です。

その理由は以下のものがあります。

①飼育費用がかなり高い

カワウソはペットとして珍しい生き物。そのため、ペットショップなどでも滅多に販売されていません。

稀に販売されていることもありますが、金額はとっても高額。50万円以上といった値段がすることもあります。


また、エサ代なども貝や魚などが必要なことから一般的なペットと比較して高額になります。

②病気の際に対応が難しい

カワウソは珍しい動物のため、万が一病気になった際犬や猫と比較して診察が難しい動物です。

十分な体制の整っている動物病院でしか診察ができないケースもあります。

また、ちょっとした飼育の疑問なども飼育している人が少ないことから本やネットでも情報が少ないということもあります。

③飼育の際には十分なスペースが必要

カワウソはとっても遊び好きな生き物。

そのため、遊びまわったり、水浴びをしたり十分な生活のスペースが必要となります。

また、しつけが難しいことも飼育が難しい理由のひとつ。

ペットとしては歴史が浅いため、しつけが難しい動物です。

とっても可愛らしいカワウソですが、ペットとしての飼育は難しい生き物。

最近では動物園や、カワウソと触れ合えるカフェなどもあるので気軽に触れ合って見ることもいいかもしれません♪


スポンサーリンク