日本犬の種類

わずか6種類しかいない!?日本犬の種類とは??

スポンサーリンク

6種類しかいない希少な日本犬とは?

日本犬の種類

日本犬といえば、秋田犬や柴犬などを思い浮かべる人が多いと思います。
それらを含め日本犬は、実は6種類しかいません。
これらの種類は国の天然記念物にも指定されています。

その理由は日本在来の純血の種類が非常に少ないため。
日本犬保存会という団体が認可している種類しか、日本犬として認定されていないためです。

日本犬保存会とは、希少な日本犬の犬種を保存する為に、国から認可された公益社団法人です。

日本犬保存会は、85年の伝統とその権威を備え、日本犬の保護、繁殖を奨励し、
犬籍簿の整備、血統書の発行、展覧会の運営などを行い、
第一回全国展覧会には、あの有名な秋田犬の忠犬ハチ公が特別参加していました。

引用:日本犬保存会 公式HP

希少な日本犬の6種類とは?

①北海道犬

北海道犬
画像:photozou

北海道犬のルーツは日本固有の民族「アイヌ」にあります。
縄文時代、アイヌが狩猟用として飼育していたものが北海道犬のルーツとなります。

狩猟犬としての遺伝子を受け継いでいるため、非常に運動量が多い犬種です。
寒い地域に生息していたため、ふさふさした毛が特徴です。

②秋田犬

秋田犬
画像:photozou

日本犬に中では大型の部類に入るのが秋田犬
有名な忠犬ハチ公はこの秋田犬です。

性格はハチ公のエピソードにあるように、とても飼い主に忠実です。
また、警戒心も強いため、番犬としても飼われています。

気が強い性格なため、昔は闘犬として飼育されていたこともあります。
しかし、闘犬が禁止されて以降、個体数が激減しました。

そのため、希少な種類となり、現在では国の天然記念物として保護されています。

③柴犬

柴犬
画像:photozou

日本犬として一番有名なのが、柴犬ではないでしょうか。
日本犬の中でも一番多く飼育されている種類です。

柴犬という名前の説には大きく2つあり、
1、狩猟のために柴の中を駆け回るため。
2、毛並みが茶色であり、柴のようであるため。

という2つの説が有力とされています。

柴犬に性格は勇敢で利口という特徴があります。
しつけもしやすく無駄吠えも少ないため、飼い犬として人気のある種類です。

④甲斐犬(かいけん)

甲斐犬
画像:photozou

山梨県で見つかった事から甲斐犬という名前がつけられました。
黒くて艶のある毛並みが特徴です。
赤みがかった種類も存在していましたが、現在では個体数がかなり少なくなっています。

性格としては警戒心が強いという一面があります。
飼い主には従順ですが、他人には慣れるまで時間がかかります。

あまり社交性を持った種類ではなく、複数飼いには向かない種類です。

⑤紀州犬

紀州犬
画像:photozou

白色の毛並みが特徴の紀州犬
三重、和歌山、奈良といった紀州地方で長く飼育されていた事から紀州犬という名前がつけられました。

昔は、狩猟犬として活躍し、イノシシやシカ狩りなども行っていた犬です。
非常に健康的な体質で病気が少ない犬種です。

日本犬の中では珍しく、非常におとなしい種類です。
警戒心が強く、飼い主にのみなつき、他の犬とじゃれあうといった行動はほとんど見られません。

⑥四国犬

四国犬
画像:wikipedia

名前の通り、四国地方が原産の四国犬。
昔は別名として土佐犬とも呼ばれていました。

柴犬などと比べ大きな体をしています。
見た目は非常に野生的でオオカミのような見た目をしています。

もともとは狩猟犬であるため、性格は非常に強気です。
飼い主にしつけの能力がなければ、わがままな面を見せてしまう犬種です。


スポンサーリンク