ミニウサギ 画像 飼育 種類 特徴

ミニウサギってどんな種類?「ミニ」だけど小さいとは限らない?

スポンサーリンク

ミニウサギはどんな種類なの?

ミニウサギ 画像 飼育 種類 特徴
画像:flickr

ミニウサギとは、簡単に説明すると「雑種」のウサギのことを指します。

様々な品種が掛け合わされたウサギの種類の総称をミニウサギというため、「ミニ」とは小さいという意味ではないのです。

雑種であるため、毛色や耳の長さなど特徴も多岐にわたります。また、体が丈夫な種類が多く、寿命が長いという特徴もあります。

ミニウサギの性格の特徴は?

ミニウサギ 性格 特徴 画像
画像:flickr

ミニウサギは雑種のため性格は個体差がありますが、病気に強いという特徴を持っています。

純血の種類と比較し、交配を繰り返した種類のため免疫が強い種類が多いと言われています。

性格もなつきやすい子が多いという特徴もあります。

これはもともとミニウサギは家畜用として飼育されていたため、人になれやすいためであるからと言われています。

大きさは種類によってバラバラですが、小さいものでは1キロ前後、大きなものでは3キロ以上の大きさになるものもいます。

ある程度の成長段階で将来の大きさがわかってくるので、ペットショップや獣医さんに「どのくらいの大きさに成長するか?」聞いてみるとわかるかもしれません。

時折ペットショップでミニウサギをネザーランドドワーフとして売っている場所もあります。

しかしこれは誤りで、体の小さなネザーランドドワーフをミニウサギとひとくくりにして販売されているケースもあります。

可愛いミニウサギの画像たち♪


スポンサーリンク