フクロウ,ペット,飼育,値段,可愛い,画像

人気上昇中のフクロウ♪ペットとしても飼育できるの?値段は?

スポンサーリンク

フクロウは仕草がとってもキュート♪

フクロウ 可愛い 画像 動画

テレビでも取り上げられたりととっても可愛い仕草で人気が上昇中の「フクロウ」♪

そんなフクロウですがペットとしても飼えるのでしょうか??

飼育方法や餌のあげ方、寿命やお値段などフクロウの飼育に関する情報についてまとめました。

フクロウの種類はどんなものがいる?

フクロウ 画像
flicker

フクロウはとっても種類が多くいます。

まず、サイズは大型のものと小型のものに分類できます。

大型のものはシロフクロウカラフトフクロウといった種類。

シロフクロウ 画像
wikipedia シロフクロウ

カラフトフクロウ 画像
wikipedia カラフトフクロウ

これらはサイズも大きく、餌の量などを考えても一般家庭での飼育向きではありません。

中型・小型の種類であればモリフクロウヨーロッパコノハズクといった種類がいます。

モリフクロウ 画像
wikipedia モリフクロウ

ヨーロッパコノハズク 画像
wikipedia ヨーロッパコノハズク

これらは手の上にも乗るサイズであり、ペットショップでも販売されている種類です。

初めてフクロウを買う人にはこれらの種類がオススメです♪

フクロウってどんな性格?しつけは大変?

フクロウ ペット 画像
flickr

フクロウには夜行性と昼行性の種類がいます。

これは生息地の環境によって違いが出るもの。ペットショップなどで専門家に聞くことをオススメします。

また、フクロウは基本的にしつけはできないと考えておきましょう。

フクロウは犬や猫と違って、ペットとしての歴史が浅い生き物です。

トイレのしつけは難しく、飼い主とのコミュニケーションも時間がかかってしまうことが多いでしょう。

また、フクロウは猛禽類(もうきんるい)に分類される動物。

[猛禽類]
“猛禽類(もうきんるい)は、鋭い爪と嘴を持ち、他の動物を捕食(または腐肉食)する習性のある鳥類の総称。獲物を捕まえるための鋭い爪、掴む力が強い趾(あしゆび)、鉤型に曲がったくちばしを持つことが共通の特徴である。”
参考:wikipedia

小動物を餌とする生き物であり、人になれないうちはくちばしで噛み付いたりしてしまうこともあります。

ペット初心者には難易度の高い生き物と言えます。

フクロウの購入方法とお値段は?

フクロウ ペット 画像

フクロウは小型のものであれば、20万円ほどの値段で販売されています。

大型のもので珍しいものであれば50万円以上するものもいます。


これはフクロウがペットとしてはまだ一般的ではなく、普及していないためです。

また、フクロウを飼育する際には近くに診察可能な動物病院があるかも調べておきましょう。

動物病院であっても、珍しい動物の場合は診察が不可であったり適切な治療ができないケースもあります。

万が一、病気になった際も相談できる場所があることは重要です。

フクロウの鳴き声はまさかの。。猫??

アフリカオオコノハズク 画像 細くなる 擬態 動画
画像:flickr

フクロウの中には猫っぽい鳴き声をしているものがいます。

これはフクロウの中でもミミズクといわれる仲間にいます。

あまりの猫っぽさに初めて聞く人はびっくりするかも??



スポンサーリンク