犬 食事 しつけ 食べていいもの

【犬のしつけ】食事の時の守りたいマナーは?注意したい3つの点。

スポンサーリンク

食事に関するしつけの基本

犬 食事 しつけ 人
tamako

ワンちゃんと過ごす時に気をつけたいのが食事のしつけ。

与えてはいけないもの、食事のタイミングなど正しいコミュニケーションの取り方についての紹介です!

1.家族だけど食事は一緒に食べない。

犬 食事 しつけ 食べていいもの
Luke Schofield

先ず、初めて犬をおうちに迎えるとき気を付けたいのが、食事のタイミング

できれば人間が先に、犬の目線より高い食卓で摂ること。

またお子さんがソファーなどでおやつを食べた時にこぼしたりしたら、犬が拾って食べるより先に掃除しましょう。

「人間と食べるものが別!」と覚えさせることが第一。

また、人間が食べているものを欲しがっても可哀想と思ってあげないことです。

人間の食べ物を一度あげると、犬の身体に害がないものならまだしも、危険なものまで欲しがられてしまいます。

また一度味を覚えたものなど盗み食いされては困るので、食べ物の保管場所にも十分注意してください。

2.人間には良くても犬には毒物です。

犬 食事 しつけ 時間

特に何もわからずおやつを愛犬に分け与えたがるお子さんにはご注意し、また、「昔、雑種犬には何でも残飯食べさせてた!」と言うお年寄りにはご理解頂きましょう。

お菓子の代表的なものといえばチョコレートですが、絶対ダメ!

カカオ成分が高ければ高いほど危険であり、カカオの成分が中毒症状を起こす為、量と犬の体格次第では死に至ってしまうこともあります。

玉ねぎ類、にんにくも赤血球を破壊するので、ハンバーガーなど食べているところ下に落としたら大変です。

また、玉ねぎを切った包丁で愛犬用の食べ物を触らないようにし、愛犬のご飯を用意するときの場所も人間のものと混ざってしまっては困るので離れたところ、別タイミングで用意するのが良いです。

カフェインを含むコーヒーなども気を付けてください。

また果物では特にブドウ・レーズンも大量に摂取したら急性腎不全を起こし、死に至ります。

虫歯予防のキシリトール成分ですが、犬は少しでもキシリトールを摂取すると、血糖値が下がり、危険と言われてます。

ほか、菓子パン惣菜パンとは違い、食パンなら大丈夫だと思いそうですが、食パンには塩分、バター、油分、糖分など入ってる為、あげない方がいいですね。

他、イカ、タコ、エビ、貝類、生肉などもいけません。

3.本当に何もあげられないの?

犬 食事 しつけ お菓子
pixabay.com

昔、雑種の犬や猫に牛乳を与えてた人もいますが、こちらには乳糖が含まれ、犬によってはうまく消化できずに下痢を起こす子もいます。また牛乳はカロリーが高いですので飲めたとしてもおやつなし、フードも減らさないといけなくなります。


でもどうしてもあげたい時はペット専用の乳糖を抜いたものなどが売ってますし、ミルクの代わりに無糖のヨーグルト(スプーン1さじ位)や無塩のチーズ(薬をあげるのに練り込めるペット専用が市販されてます)であれば大丈夫です。


果物ならりんご、バナナあたりが好物になりえるでしょうがいずれにせよ、小さく切り、あげすぎないように注意して下さい。



スポンサーリンク