猫 熱中症 予防 対策 画像

【夏の暑さ対策!】猫にこんな症状が出たら要注意。

スポンサーリンク

ペットの夏の暑さ対策はどうすればいい?

猫 熱中症 画像 症状
melanie_ko

夏の暑い季節は、ペットにとってもとても辛い季節。

気温が上がってくる時期はペットも熱中症のリスクが高まり、事故が増える傾向があります。

熱中症は気温が高い7〜8月ではなく、6月と10月の気温の変化の差が激しい季節に増加する傾向があります。

猫と犬のそれぞれの熱中症の体調不良のサインを見逃さないようにしましょう。

どのような行動に注意すべきか、また必要な対応はどのようなものか下記の記事内で紹介しています。


猫の熱中症は飼い主さんが留守番の際に起きることが多いです。
留守番の際も快適な環境を作ることが重要です。


犬の場合は特に散歩の時間に注意が必要。
夜の時間の散歩であっても、アスファルトの熱の影響に注意が必要です。

部屋を快適にするためにできる方法は?

猫 熱中症 予防 対策 画像
melanie_ko

熱中症対策としてまず気をつけるべきなのが部屋の温度

特にペットが留守番をしている場合に要注意です。

カーテンを開けっぱなしにしていると直射日光が部屋に差し込み、室温がどんどん上昇してしまいます。

また、窓を閉め切っている場合も、同じことが起こる可能性があります。

特に猫の場合は脱走しないために、窓を閉め切ってしまう家庭が多くあります。

外出の際は、換気扇や扇風機で部屋の風通しを良くしておいたり、エアコンで室温を快適にしておくことを忘れないようにしましょう。

猫の種類によっても注意が必要。

猫 熱中症 種類 画像
melanie_ko

猫の種類の中でも鼻が低い種類は体温調節が苦手なため注意が必要。

一般的に「鼻ぺちゃ種」と言われるエキゾチックショートヘア・ペルシャ・ヒマラヤンなどの種類です。

猫の体は体毛で覆われているため、汗をかいて体温を下げることができず、体温を下げる際は呼吸を激しく行います。

そのため、鼻が小さく激しい呼吸が苦手な種類は体温調節が苦手なのです。

部屋の中に涼しい場所を作ることも重要ですが、外出の際は飲み水の管理にも注意しましょう。

猫の体温調節の方法として、水分摂取はとても重要。

猫の中には飲み水を置きっぱなしにしてしまうと水をひっくり返してしまう子もいるかもしれません。

そのような猫ちゃんのためにはこぼしにくい給水器を用意してあげましょう。

容器からこぼしてしまって、猫が水を飲みたい時に「飲む水がない!」といったことを防ぐことができます。

また、水の管理で注意したいのが衛生面です。

容器の掃除を定期的行い、設置場所は風通しが良く直射日光が当たらない場所に設置しましょう。


スポンサーリンク