猫 花粉症 症状 くしゃみ 鼻水

猫も花粉症になるの?予防や治療方法の紹介。

スポンサーリンク

春先は猫も花粉症にかかる?

猫 花粉症 症状 治療
Pete Slater

暖かくなる季節に猫がくしゃみや鼻水、目やにが多くなるといった現象が増えると花粉症の疑いがあります。

人でも春先のスギ花粉に悩む人は多くいますが、犬や猫も花粉症にかかることがあります。

最近の研究で猫も花粉のアレルギーに反応することがわかり、人と同じく、くしゃみや鼻水・アトピーといった症状が出ることが確認されています。

猫もかかる可能性のある花粉症。予防や治療の方法はどのようなものがあるのでしょうか?

猫の花粉症の症状はどんなもの?

猫 花粉症 症状 くしゃみ 鼻水
Toshihiro Gamo

猫が花粉症にかかってしまった場合、下記の症状が出ることがあります。

・くしゃみ、鼻水
・目やに
・皮膚の腫れ、赤み

春先に上記の症状が出てしまうようであれば花粉症にかかってしまっている可能性があります。

あくまで、可能性なので目やにや鼻水などは他の病気の可能性も考えておきましょう。


猫の花粉症の予防方法は?

猫 花粉症 予防 治療
hkase

花粉症は人の場合と同じように、猫にとっても辛いもの。

花粉症の疑いがある場合、症状がひどくならないように対策をしてあげましょう。

一つ目の対策としては衣服についた花粉を室内に持ち込まないこと。

飼い主さんが帰宅する際や、洗濯物を取り込む際などは服をはたいて花粉を落としておきましょう。

そして、部屋の中には空気清浄機を設置してあげればベストです。

猫が留守番している時に窓を開けっぱなしにせず、空気清浄機のスイッチを入れておきましょう。

また、猫の体に花粉が付着したままにならないように定期的なブラッシングもしてあげましょう。

春は換毛期であり、猫の体の毛も大きく生え変わってしまいます。

抜け毛予防とともに、花粉対策も行ってあげましょう。


もし、猫の花粉症がひどく、皮膚の異常やくしゃみが激しい場合には動物病院で診察してもらいましょう。

アレルギーに効く薬を処方してもらうことができます。

春だけでなく秋も注意。

猫 花粉症 秋 イネ 
Nick Savchenko

猫が花粉症になる危険性は春先だけではありません。

夏〜秋にかけて飛散するイネ花粉もアレルギーになる可能性があります。

この時期に原因がわからない猫の体調異常が見られた場合は、イネの花粉の可能性も考えてあげましょう。


スポンサーリンク