猫 結膜炎 症状 原因 病気 画像

猫の結膜炎ってどんな病気?症状や治療方法は?

スポンサーリンク

猫の結膜炎はどんな症状?

猫 結膜炎 症状 原因 病気 画像
Stuart Heath

飼い猫の目やにや充血が気になるという場合は猫も結膜炎にかかっている可能性があります。

結膜炎とは・・

結膜炎(けつまくえん)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。大きく分けると細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎に大別される。

wiki 結膜炎

猫が結膜炎にかかった場合、症状としては目やにが多く出る、充血がひどい、目をこするような仕草をする、まぶたが腫れているといったものとなります。

目やにが軽度の場合には、猫風邪やアレルギーの可能性もあるので目やにの色を注意深く観察してあげましょう。


猫が結膜炎にかかる原因は?

猫 結膜炎 充血 目やに 画像
Bruno Cordioli

猫の結膜炎の主な原因は、猫風邪感染症が重症化したケースが多く見られます。

また、猫同士のケンカや遊んでいる際に目に傷がついたことが原因で結膜炎にもかかることがあります。

いずれも、風邪や感染症、目の傷といった症状がひどくなった場合に結膜炎となってしまう場合が多くあります。

猫の中には先天的に体が弱く、目の病気にかかってしまう子もいるようです。

感染症やウイルス性のもの・先天的なものは両目に結膜炎の症状が出ることが多く、片目だけに症状が出る場合には目の傷が原因であることが多いようです。

猫の結膜炎の治療方法は?

猫 目やに 治療 
William

基本的な治療方法としては、点眼薬で症状を抑えることが効果的です。

結膜炎の症状の原因に応じて抗生剤や抗ウイルス剤が入った目薬を処方します。

治療中の猫は目を掻いてしまったり、こすろうとしてしまうことが多いので場合によってはエリザベスカラーをすることもあります。

猫 エリザベスカラー 画像
Janet Ellis
※エリザベスカラーは病院に行った後によくつけるこんなやつ。

また、伝染性のある結膜炎の場合は同居して飼育している犬などのペットと触れさせないようにしなければいけません。

猫が結膜炎にかかった場合は、根本的な原因を特定し治療できなければ症状は改善されません。

飼い主さんの独断ではなく、お医者さんの診察で正しい処置方法を行ってもらうことが望ましいです。


スポンサーリンク