手乗りうさぎ

【手乗りうさぎ】カワイイうさぎの赤ちゃん画像!!

スポンサーリンク

■「手乗りうさぎ」は思わず飼いたくなる!?

うさぎの赤ちゃんはとっても小さいです。
生まれたばかりの頃のうさぎの赤ちゃんの体重は40~100gほど。
うさぎの赤ちゃんに触れたことがある人は少ないと思いますが、手のひらに乗るくらいのサイズなんです。

カワイイ赤ちゃんうさぎの「手乗りうさぎ」画像を紹介します。

■手乗りうさぎの画像。

手乗りうさぎ
画像:flickr

小さいうさぎは手の上にのるこんなカワイイサイズ。
赤ちゃんの時ならではの可愛さです。

手乗りうさぎ
画像:wikipedia

生まれたばかりのうさぎの赤ちゃんはほとんど毛が生えていません。
生まれてから1週間くらいで産毛が生え出します。

うさぎ 赤ちゃん
画像:flickr

うさぎの赤ちゃんは生後3週間までは、母親の母乳で育ちます。
4週間前後になると、だんだんと離乳をはじめ、自分でエサを取るようになります。
この時期になると母親から離して育ててあげた方がよいです。

うさぎ 手乗り
画像:pixabay

うさぎを飼うからには赤ちゃんの時期からスキンシップを取ってあげたいもの。
しかし、うさぎが赤ちゃんの頃はとても敏感で、慣れるまでに時間がかかります。

抱っこする際は、後ろ足をしっかり抱えてあげてうさぎの姿勢が安定するようにしましょう。
うさぎの姿勢が不安定であると、うさぎが興奮してバタバタ動き回ってしまいます。

また、うさぎが嫌がるからといってすぐ抱っこを離すのもよくありません。
うさぎを人に慣れさせるためには、うさぎが落ち着くまで時間をかけ、抱っこし、人間に慣れさせるほうがよいです。
優しく抱っこして撫でてあげましょう。

手乗りうさぎ
画像:pixabay

生まれたばかりのうさぎはとても寒さに敏感。
うさぎ用のケージには、ワラや新聞紙をいっぱい敷き詰めておいてあげましょう。
冬などとても寒さが厳しくなる時期にはペット用ヒーターなども用意してあげるとベストです。


スポンサーリンク