猫 目やに 画像

猫の目やにが心配!もしかして病気のサイン?

スポンサーリンク

猫の目やには病気の可能性があるの?

猫 目やに 画像
Jeff

猫の心配な症状として多くの人が「目やに」を挙げています。

「飼っている猫の目やにが多い気がする。」と感じている飼い主さんも多くいると思います。

猫の目は健康状態が現れやすい場所。

猫の目やにが気になる場合には何が原因でどのような対応をするべきなのでしょうか。

目やにが心配な場合は、色や量、出ている目の状態に注目しましょう。

猫は目やにが出やすい動物?

猫 目やに 出やすい 画像
whiz-ka

まず、前提として猫は目やにが出やすい動物です。

目やには空気中のゴミや体からの分泌液などが原因で出てしまいます。

私たち人もそうですが、寝起きに目やには多く出ます。

目に入ったゴミやほこりは瞬きをすることで、目から取り除くことができますが、寝ている間は瞬きをしないため目やにとしてどんどん溜まってしまいます。

そのため、1日のほとんどが睡眠時間の猫は、目やにがたまりやすい動物といえます。

まず確認したいのが目やにの色。

猫 目やに 色 黄色 白色 画像
Artiom Gorgan

目やにが出た際に確認したい事項が目やにの色

前述したように、寝ている際に出てくる目やには茶色や赤茶色をしています。

これは代謝活動の一環で出てきたもののため、量が多い場合でない限りあまり心配はありません。

注意したいのが、白や黄色の目やにが出ている場合。

白色の場合は、目やににが混じっている可能性があります。

これは猫の目に傷が付いていたり、アレルギーが原因の可能性があります。

また、片目のみ目やにがひどいというケースは猫同士のケンカやじゃれあいで目に傷が付いている可能性が高いです。

また、黄色の目やにの場合は風邪の初期症状や感染症のケースがあります。

特に黄色の目やにの場合、粘り気が強い時は感染症の可能性が疑われます。

目やにがひどい場合はどうすればいい?

猫 目やに 病気 画像
casey lb

茶色や赤褐色の目やにの場合は、代謝の一環であるため気になるようであれば、飼い主さんが定期的にケアをしてあげましょう。

ティッシュや綿棒で取り除いてあげることが理想的ですが、目は非常にデリケートな部分で、猫も触れられることを嫌がります。

猫をリラックスさせた状態で、優しく触れながらケアをしてあげましょう。

注意したいのがウェットティッシュを使う場合。アルコールが含まれているものは刺激が強いので使用してはいけません。

目元や口元などデリケートな部分に使用出来るペット用のウェットティッシュも販売されています。



病気の可能性がある白や黄色の目やにの場合は、動物病院で診てもらうことが望ましいでしょう。

その際、目やにの色や量、片目か両目か、猫が目を気にするような仕草をしているか(傷がついて痛がっている可能性もあるため)などをお医者さんに伝えられるようにしておきましょう。

これらの症状の場合、専門的な知識がなければ、アレルギーや感染症など原因を特定することはできません。

診察を受け、原因を特定してもらい目薬など適切なケア方法で処置してもらうことが望ましいでしょう。


スポンサーリンク