猫 脱走 探し方

【探し方】猫が脱走した時に取るべき対応は?

スポンサーリンク

【脱走猫】万が一に備える探し方。

猫 脱走 探し方

「猫が頻繁に脱走する。」そんな悩みを抱えている飼い主さんも多くいるかもしれません。

もし、脱走してしまってもご飯どきになれば「ニャ〜」と帰ってくれれば一安心するもの。

しかし、万が一猫が帰ってこなくなってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。

対策法を紹介します。

まず、脱走前段階でできる対策は?

猫 脱走 探し方
Till Westermayer

まず、飼い猫ちゃんには必ず首輪をつけてあげましょう。

もし脱走してしまった時、見つけた人がノラ猫であるか、飼い猫であるか判別できるようにしておきたいもの。

近所の人が、「○○付近で首輪をつけた猫を見かけた」という情報をくれるかもしれません。

また、猫が迷って帰られなくなってしまった場合、ノラ猫と勘違いされてしまうと別の人が飼育してしまうというケースもあります。

飼い猫は基本的に人に懐いているため、人とのスキンシップに慣れています。

エサをくれたり、保護してくれる人がいればその人のもとで飼育されている可能性もあります。

首輪は飼い猫である目印。首輪があることで迷い猫が見つかる可能性も高くなります。


また、普段から脱走防止の対策をしておくことも重要です。


脱走して数日段階の探し方。

猫 脱走 探し方
AndreyFollo

猫は習性として帰巣本能があります。

外に出てしまっても、家に帰ってくるという習性を持っています。

脱走しても数日であれば、家の近くにいる可能性があります。

脱走して数日の場合は猫が好みそうな場所を探してみましょう。

公園の砂場猫の集会所になっている空き地などが例です。

特に、猫が帰ってこないというケースでは猫ちゃんが異性の猫を追いかけているというケースもあります。

よく猫が集会している場所に興味があって行っているかもしれません。

また、木の上に登って降りられない、溝に入ってしまって登られないといった可能性もあります。

猫が潜りそうなところ、狭くて暗い場所などに潜り込んでいる可能性もあります。

数日経っても帰ってこない時の探し方は?

猫 脱走 探し方
E M M E A L C U B O

猫が数日経っても帰ってこないという場合は、猫が家までの道がわからなくなっている場合があります。

遠すぎる場所まで来てしまったなど、家に戻れないケースが考えられます。

こういった場合は、SNSに投稿してみるのも一つの手段です。

ツイッター・facebook・mixiコミュニティなどに迷い猫情報を投稿してみるのも効果的です。

ひと昔前ではチラシを貼ったりというケースもありましたが、現在はSNSの方が多くの人が閲覧する可能性もあり効果的でしょう。

ツイッターでは迷子猫情報を発信しているアカウントもあります。

また、facebook・mixiでも猫好きさんが集まっているコミュニティがあるので投稿すれば、良い情報を送ってもらえるかもしれません。

もし、飼い猫が脱走して帰ってこないという場合は上記のような対応をしてみて下さい。
また、首輪をつけるなど普段から脱走に備えた対策も、ぜひやっておいてくださいね。


スポンサーリンク