犬 服 画像 サイズ 種類

【犬の洋服選び】サイズ・種類・シーンなど選び方まとめ。

スポンサーリンク

犬の洋服を買う前に確認したい注意点。

犬 服 画像 サイズ 種類
Dan Queiroz

「ワンちゃんに洋服を買いたい!着せたい!」と思っている飼い主さんも多くいるのではないのでしょうか。

しかし、洋服を買う前に確認しておく事が多くあります。

サイズや機能、洋服を買うシーンについて知っておかなければ、ワンちゃんにとってとてもストレスになってしまう可能性があります。

今回は、購入の際のサイズの選び方、種類、目的別の選び方について紹介します。

犬のサイズにあった洋服の選び方は?

犬 洋服 選び方 画像
Saya Muncil

洋服選びで一番重要なことはサイズ選び

窮屈な服であれば、ワンちゃんにとって大きなストレスになってしまいます。

犬の洋服選びはどのようにサイズを選べば良いのでしょうか。

ワンちゃんの洋服のサイズは販売店によって基準が異なることが多いです。

多くの販売店で一般的な寸法を理解しておきましょう。

首回り・・首の周囲の長さ。首輪のサイズが基準になります。

胴回り・・前足の付け根の一番太い胴の部分で計測します。

着丈・・胴の縦の長さです。首の付け根からしっぽの付け根までの長さです。

前着丈・・お腹の部分の長さ。首の付け根から、下腹部までの長さです。

基本的な洋服は上記のサイズ表記が一般的です。

お出かけ用のウェアやレインコートなど服の種類によって必要なサイズは異なります。

犬の洋服にはどんな種類がある?機能性は?

犬 洋服 種類
Stéfan

続いて、犬の洋服にはどんな種類があるのでしょうか。

基本的なおしゃれ用以外のウェアに、トップスジャケットパジャマ・レインコート・マナーバンド(マナーベルト)といった種類があります。

用途や必要なシーンに応じて使い分けていきたいですね。

犬の洋服はどんなシーンに必要?

犬 洋服 シーン 必要
Eco-Pup

「そもそも犬の洋服を着せることは必要?」そんな疑問を感じる飼い主さんも多くいるかもしれません。

必ずしも必要というわけではありませんが、洋服はワンちゃんの健康を考える上で必要となるシーンがあります。

1つは、冬の寒さ対策として利用が必要な場合です。

室内飼いに慣れているワンちゃんは、冬場の急な冷え込みになれていない子が多いのも事実。

冬場の散歩の際、急な体温の冷えこみにより体調を崩してしまうなんてこともあります。

特に小型犬に場合は要注意。体高が低いため、地面の冷気を感じやすく、私たちが思う以上に寒さを感じてしまうようです。

冬の散歩の際など、寒さ対策は必須となります。

また、同じく散歩のシーンとして雨の日のレインコートも用意してあげましょう。

雨の日の散歩は水や泥が跳ねてしまいます。特に体高の低いワンちゃんは汚れてしまいやすくなります。

ワンちゃんの衛生的にも、散歩終わりの飼い主さんのお掃除の手間的にもレインコートを着せることで清潔を保つというメリットがあります。

また、雨に濡れてしまうことは風邪の原因にもなります。

夏場であっても急な体温低下により、風邪をひいてしまう・・なんて可能性もあります。

そのため、ワンちゃん用のレインコートを一枚用意してあげることが望ましいでしょう。

その他に犬の洋服を選ぶ際の注意点は?

犬 洋服 選び方 注意点
Stéfan

ワンちゃんの洋服選びの際に注意したいのが、素材があっているかどうかという点。

ワンちゃんの肌はとても敏感であり、夏場のムレや、冬場の乾燥で皮膚にトラブルが起こってしまう場合があります。

洋服の素材はできるだけワンちゃんの肌にあったものを選びたいもの。

最近では、天然の素材で作られている洋服も販売されています。

また、2つ目の注意点として普段から洋服を着させることに慣れさせてあげることが重要です。

ワンちゃんもいきなり洋服を着せられると違和感を感じるもの。

子犬の時から洋服を着せ、慣れさせてあげることが望ましいです。

成犬から服を着させる場合は、できるだけ服の面積の狭いものから着せてあげましょう。

例えば、フードがある服は嫌がるワンちゃんが多いです。

特に顔まわりや、足の付け根まで長さのあるような服はワンちゃんも抵抗が大きいようです。

まだ、洋服になれていないワンちゃんにはストレスにならないような服選びをしてあげましょう。

ワンちゃんにとって快適な服選びを!

今ではおしゃれな洋服も多く販売されていますが、ワンちゃんにとってストレスになっては元も子もありません。

洋服選びの際は、メリットを理解して、サイズやシーンに応じて洋服を選んであげましょう♪


スポンサーリンク