猫 暖房 ヒーター 温度

猫の暖房グッズはどんな種類?家庭用ヒーターは危険?

スポンサーリンク

猫にも暖房は必要?

猫 暖房 グッズ ヒーター
Matthew Bellemare

寒い時期に猫の飼い主が注意したい温度の管理

猫は基本的に暑さに弱く、寒さに強いといわれています。

このような情報を聞くと、「猫は自分で暖かい場所を探すので、寒さ対策は必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、要注意。

室内飼いに慣れてしまった猫たちは、野生の本能を失い自身で温度調節が苦手になっている種類もいます。

また、猫も人間と同じように、暑がりや寒がりなど個性があります。

寒さに弱い猫であれば、風邪をきっかけに大きな病気になる可能性もあります。

飼い猫の健康を考えると、適切な温度管理をしてあげる必要があります。

猫の暖房グッズはどんなものがある?

まず基本的な対策として、ブランケットや毛布を寝床に用意してあげるという方法があります。

猫はお気に入りの寝床を確保しています。寝床を快適にしてあげることによって、猫もストレスなく生活をすることが可能になります。

ハンモックのいいところは床の冷気を防げる事。

冬用の猫ハンモックはふかふか素材のものもあるので、温度も暖かいまま寝床とすることができます。

猫は目線の高い所が好きなので、ハンモックをお気に入りの寝場所とする猫も多いです。

こちらは、犬や猫用のあったか寝袋♪

毛布などに使われている素材のマイクロファイバーが使用されているため、保温性も抜群です。

電気を使用しない製品のため、電気代の心配もいりません。

ふとんに潜るのが大好きな猫ちゃんにオススメの商品です♪

寒さに強い冬用あったかマット♪

「猫ちゃんにあったかマットを用意してあげたい!」しかし、気になってしまうのが電気代。

猫ちゃん用のあったかマットには電気代が節約できる種類のものもあります。

「ドギーマン レンジでチンしてぽっかぽか」は繰り返し使用できるエコなあったかマット。

使い方はレンジで5分ほどチンするだけ。約10時間近くも熱を保温することができます。

外出中や、おでかけ中でも猫ちゃんのあったかいスペースをキープすることができます。

こちらは電源プラグつき。しっかり暖かさをキープできる猫用マットです。

電気代もi日2円程度と、とってもリーズナブルです。

寒さが本格的になった季節に用意してあげたい、あったかグッズです。

一般的な家庭用ヒーターは注意。

猫 暖房 ヒーター 温度
Mr.TinDC

一般的な家庭用ヒーターを猫用に使用するには注意が必要です。

家庭用のヒーターは温度が高すぎて、ペットが使用した際やけどに繋がる可能性があります。

また、犬や猫が遊んでいる時にヒーターを倒してしまい、火事に繋がる可能性もあります。

猫ちゃんには猫用マットを用意してあげ、冬の寒さを乗り切れるようにしてあげましょう♪

猫ちゃんがぽかぽかしている姿はとっても可愛らしいですよ♪


スポンサーリンク