ハムスター 寒さ対策 グッズ 商品 ヒーター

ハムスターの寒さ対策グッズまとめ。ヒーターや床材など。

スポンサーリンク

ハムスターも寒さ対策が必要!

ハムスター 寒さ対策 グッズ 商品 ヒーター
digital_image_fan

気温がどんどん下がってくる時期には、ハムスターも寒さ対策が必要です。

特に気温が急激に下がる秋から冬の時期は注意が必要です。

飼い主が家を出ている間に、部屋の温度がどんどん下がっていき、ハムスターが寒さから体調を崩してしまったり、冬眠してしまうケースもあります。

ハムスターはとってもデリケートな生き物。

ハムスターは本来砂漠で生息していた生き物なので、日本の冬はとっても寒さが厳しく感じるのです。

簡単にできる寒さ対策は?

ハムスター 寒さ 床材 広葉樹
wsilver

まずは、基本的な寒さ対策についておさらいしておきましょう。

一番飼い主が気をつけたいのがケージの室温の管理

ハムスターにとって快適な気温は22~26度といわれています。室温はこの温度を目安に調整してあげましょう。

また、ケージの設置位置にも注意が必要です。扉の近くなど、すきま風が入る場所や、窓の近くなど急激な気温低下の可能性がある場所にケージを置くべきではありません。

部屋の温度が適温だからといって、ハムスターのケージも適温であるとは限りません。

いつでも温度管理ができているかチェックできるように、ハムスターのケージに専用の温度計を設置するという方法もあります。

ハムスターのケージ専用の温度計とういうものは販売されていませんが、爬虫類のケージ用の温度計で代用している人が多いようです。

注意点としては、ハムスターはいろんな所に登ってしまうため、温度計もハムスターの手の届かない場所に設置すること。

手の届く位置にあると、かじって温度計を壊してしまうこともあります。

その他にできる寒さ対策としては、冬の時期だけ床材を変更するというものもあります。

冬の寒さ対策として使われているのが広葉樹の床材

広葉樹の床材は繊維が絡みやすいため、寝床を作りやすいというメリットがあります。

また、保湿性の高い繊維のため、巣の中を暖かく保つことができます。

デメリットとしては、少し値段がお高く、交換も頻繁に必要なことがあげられます。

そのため、冬の寒さ対策の時期だけ使用する飼い主の人が多いようです。

しっかりと寒さ対策をする方法は?

ハムスター 寒さ対策 ヒーター
jessdamen

ハムスター専用のヒーターというものも販売されています。

これはケージ内で設置して使用するもの。コードの部分もハムスターがかじっても大丈夫なように、丈夫な作りとなっています。

これだけでは寒さ対策は不十分なので、厚めに床材を敷いたりと普段からの対策と併用して行うことが望ましいです。

また、こちらは床に敷くタイプのヒーターです。

床材の下に敷いて、ケージ全体をじんわり温めてくれるタイプ。

センサー付きなので温度が熱くなりすぎないように自動で調整してくれる機能もあります。

以上、ハムスターの寒さ対策グッズまとめでした。
気温が低くなる時期、ハムスターの健康管理にも注意してあげてください♪


スポンサーリンク