猫 首輪 GPS 迷子

GPSが取り付けられる猫の首輪とは?迷子防止の効果。

スポンサーリンク

猫の首輪にGPSが取り付けられる?

猫 首輪 GPS 迷子
Mariposa

猫の飼い主さんにとって気になるのは猫の迷子

室内飼いの猫は運動不足や、遊びたい欲求からよく脱走してしまうケースもあると思います。

万が一のことを考えて、迷子防止のためにGPSを取り付けたいと考える飼い主さんもいるかもしれません。

猫用の首輪にGPSとはどのような商品があるのでしょうか。

猫の首輪用GPSは販売されていますが、、。

猫 首輪 販売 商品
TMAB2003

猫用のGPS付き首輪は販売されている事例もありますが、まだまだ普及していないのが現実です。

その理由は、猫への負担と、機能面での保証が十分でないため。

犬や猫などペット用のGPSも販売されていますが、大きさや重さの面からペットへの負担を懸念する飼い主も多いのが現状です。

また、機能的な面に関しても、正確性がないことが難点。

首輪に装着するような小さなサイズのGPSでは、壁や、小さな隙間、溝に潜り込んだ時などは反応しないケースもあるのです。

また、室内飼いの猫にはストレスなどを考え、首輪を取り付けてない飼い主さんも多くいると思います。

■関連記事

以上のような理由から、まだまだ実用化には遠い状態にあるのです。

そんな中海外では、注目の「Pawtrack」という商品も。

そんな中で希望的なニュースもあります。

「Pawtrack」という猫用のGPS付き首輪が注目を集めています。

この商品は2014年に発表され、現在は海外のみで販売されています。

この商品が従来の製品と異なる部分は、アプリと連携して猫の居場所を探すことができたり、迷子になった時も想定して充電が4~5日も持つというもの。

また、GPS自体も小さく、首輪も猫にフィットするように設計されているため、負担をかけないことも長所の一つです。

また、wifi機能もついているので、猫が家にいる時は自動で省電力になる機能もあるようです。

現在、日本では販売されておらず、海外での販売のみのようです。

猫にGPSを埋め込む手術もあります。

猫 首輪 マイクロチップ 手術
mendhak

猫の迷子を防止する方法として、猫にマイクロチップを埋め込む手術をする例もあります。

これは、猫の背中に直径2mm程度のマイクロチップを入れるというもの。

首輪と比較して紛失することもなく、また、値段も数千円程度で可能ということで近年利用者が増加しています。

ただ、マイクロチップが動物に負担を与える可能性も指摘されているため、一般的な認知はまだ少ないようです。

猫の迷子防止は様々な形で取り組みがなされています。
今後は、「Pawtrack」の事例のように、動物への負担が少ない形で新しい商品が出てくるかもしれません。


スポンサーリンク