猫 首輪 セーフティ

安全な猫の首輪「セーフティ」とはどんなもの?

スポンサーリンク

猫の首輪は安全なセーフティがオススメ。

猫 首輪 セーフティ
KamrenB Photography

猫の首輪選びは可愛いものや、おしゃれなものをつけてあげたいですが、一番重要視しなければいけないのが安全性

実は、猫の首輪が原因で起こる事故は深刻な問題となっています。

家の中で遊んでいる猫が家具や狭いところに首をつっこんだ際に、首輪が引っかかって窒息してしまうという事故も起こっています。

室内飼いの猫でも、動き回ることは大好き。本棚やキャットタワーなど家具の高い位置に登ることも頻繁にあると思います。

その際に、首輪が引っかかってしまうと深刻な事故につながります。

そのため、首輪は安全なものを選びたいところ。安全な首輪「セーフティ」とはどのようなものでしょうか。

ひっかかり事故を防ぐ首輪「セーフティ」。

猫 首輪 セーフティ
Scott Granneman

セーフティの首輪とは、大きな負荷がかかった際に外れるといった機能があるものです。

猫の首輪の事故が増えてきていることが問題視され、年々需要が高まってきている商品です。

セーフティの首輪にも種類があり、ゴムで伸びるタイプやバックルが外れるタイプのものがあります。

これらの種類のなかでも、ゴムの種類のものは猫の首にゆとりがなくなることもあり、バックルが外れるタイプのものがオススメです。

セーフティの首輪をする際の注意点は?

セーフティの首輪をする際の注意点としては、外れる目安の負荷体重を参考にして下さい。

一般的なセーフティの首輪は成猫の体重より少し重い、4~5キロの負荷を想定して設計されています。

そのため、幼い猫や、赤ちゃん猫には適さない種類もあります。

体のサイズが小さい猫には、セーフティの首輪は機能しないこともあるので、これらの猫にはマジックテープの首輪など、簡単な設計の首輪をつけてあげたほうが良いです。

また、猫に首輪をつける際、注意したいのがサイズ適切なゆるさにすること。
首輪をするときの注意点はこちらの記事をご参考に。

セーフティ首輪はどんな商品がある?

セーフティ首輪は様々な種類が販売されています。
おしゃれで可愛いものも多く販売されているので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク