猫 遊び道具 おもちゃ

猫の運動不足はこんな遊び道具で解決しよう。

スポンサーリンク

猫の運動不足は問題アリ?

猫 遊び道具 おもちゃ
Big Ben in Japan

猫は普段ゴロゴロしているように見えますが、本当はとっても運動好き。

猫は肉食動物なので、瞬発的な運動を得意としています。その分、長時間の運動は苦手とする傾向があります。

飼い猫の場合、1日15分程度遊ぶ時間があれば十分な運動量といわれています。

しかし、室内外の猫は十分に運動できない場合が多く、運動不足になる可能性も。

これは、家の中だと十分な運動スペースが取れず、また、遊び道具がない場合も多いためです。

猫の運動不足は、肥満やストレスの蓄積などに繋がる可能性があります。

猫の運動不足の対策法はどのようなものがあるのでしょうか。

最適な遊び道具を増やそう。

猫 運動不足 遊び道具 おもちゃ
dasu_

猫は家にあるものは何でもおもちゃにしてしまいます。

そのため、ティッシュ箱やトイレットペーパーなど、興味あるものにはイタズラをしてしまうこともあります。

イタズラをされるのは困りますが、家の中にある遊び道具を取り上げてしまう遊ぶモノがなくなってしまい、運動しなくなってしまいます。

家の中には最適な遊び道具を置いといてあげましょう。

最適な遊び道具の選び方は、

1,年齢に応じたおもちゃ
2,安全なおもちゃ
3,好奇心のわくおもちゃ

といった点を考慮してあげましょう。

猫は年齢によって運動量も変わりますし、針金やネジの入ったおもちゃだと、壊してしまった時にケガをする可能性もあります。

また、自分の興味がないおもちゃだとすぐに遊ばなくなってしまう可能性もあります。

猫の好奇心が湧きやすいおもちゃを選んであげましょう。

特に、音の出るもの、自分のニオイのつくものは猫が気に入りやすい遊び道具です。


動画:youtube

音の出るおもちゃはこんなに夢中になって遊ぶことも!?

「ダ・バード」はアメリカで最も売れている猫のおもちゃの一つ。
猫が夢中になりすぎるおもちゃとして有名です。

猫の得意な瞬発的な運動にぴったりのおもちゃ。
音が出たり、くるくる回る羽が猫の興味をとってもひきつけます。

キャットタワーを設置してあげよう。

キャットタワー 画像
Jon Ross

「家にいる時間が少なく、あまり猫と遊ぶ時間が取れない。」そんな飼い主さんはキャットタワーを設置してあげましょう。

猫は野生の時から、高いところに登りたがる習性があります。そのため、キャットタワーなど高いところに登ることは最適な運動になります。

キャットタワーの選ぶポイントは「猫の年齢に応じた高さであること」と、「固定されている安全性」を重視しましょう。

子猫や老猫の場合、あまり高いキャットタワーだとケガや降りられなくなる可能性もあります。

■関連記事

猫の健康を考え、必要な遊び時間や道具は用意してあげたいもの。
最適なものを選んで、猫の運動不足を解消してあげましょう。

猫のおもちゃの人気ランキングはこちら。


スポンサーリンク