犬 水遊び 場所 安全

【夏にオススメ】犬と水遊びできるスポットは?

スポンサーリンク

犬と水遊びができるスポットはどんな所?

犬 水遊び 場所 安全
runge.marius

夏の暑い時期は、犬にとっても辛い季節。

そんな犬たちも、水遊びができる時はとっても喜びます。

夏の暑い時期に、犬を思いっきり遊ばせることができる水遊びスポットはどのような所があるのでしょうか。

そもそも犬は水遊びが好きなの?

犬 水遊び 好き 場所
Micolo J

実は犬の種類によって、水に慣れやすい犬・慣れにくい犬がいます。

水に慣れやすい犬とは、泳ぎが得意な犬

トイ・プードルやゴールデンレトリバーなどは泳ぎが得意な犬種です。

これらの犬は主に、水辺での狩猟をするために繁殖された種類であるという経歴を持っています。

人間が狩りをする際、水辺での獲物を捕らえるように訓練されていたため、本能的に泳ぎが得意な部類に入ります。

一方、泳ぎが苦手な犬とは体型的に泳ぎに適していない種類。

日本犬やダックスフントなどは、泳ぎが得意ではありません。

これらの犬は主に、山での狩猟を目的に繁殖された種類であるため泳ぎが苦手なのです。

また、ダックスフントもそうですが、足の短い種類の犬は「犬かき」が上手ではありません。ブルドックなども同様です。

犬と水遊びする際の注意点は?

犬と水遊びさせる際、急な温度変化には気を付けましょう。

特に山の渓流やキャンプ場などで遊ばせる時は、山の急な温度変化に注意。

水遊びをした後は犬の体温が下がります。本来、犬は寒さに強く、暑さに弱い生き物ですが、現代の犬の多くは室内飼いに慣れているため、体温調節が上手くないといわれています。

そのため、急な温度変化によって体温調節ができず、寒さで震えたりしてしまうこともあります。

水遊び後は、体毛に含まれた水分をしっかり拭き取ってあげましょう。

また、海で犬を遊ばせる際は海水による影響に注意です。

海水に浸かったあと犬の体の水分は急激に奪われてしまします。

また、海水は微生物が多く、感染症や皮膚病に繋がる可能性もあります。

これらの悪影響を防ぐためには、しっかり真水で体を洗ってあげましょう。

犬と水遊びできるスポットは?

犬と水遊びする際の注意点について解説していきました。

ここからは、犬と水遊びができる様々なスポットを紹介していきます。

ドッグプール

犬 ドッグプール
Thomas

牧場や、ホテル、キャンプ場の中には犬専用の「ドッグプール」が設置されているところがあります。

これらの施設の特徴はトレーナーがついてくれて、安全に犬の水遊びができること。

また、「ドッグプール」は病気後の犬のリハビリなどにも利用されています。

■関連記事

犬 海 海水浴場
Visit St. Pete/Clearwater

犬も同伴可能な海水浴場も増えてきています。

家族でのお出かけの際、ペットも一緒に連れて行くことができれば思い出も深まりますよね。

ただし、海水浴場のルールを守ることが重要。多くの海水浴場ではリード付きが義務化されています。

■関連記事

川・渓流

犬 川 渓谷
Howard Hecht

キャンプ場などで川や湖が近くにある際は、犬を川遊びさせることも可能です。

海の場合は、砂浜が暑かったり、日陰が少なかったりと犬にとっても大変な事が多いですが、その点、川遊びはハードルが低いかもしれません。

川遊びの注意点としては、増水や急な流れに気をつける事。

泳ぎが得意な犬でも、事故に繋がる可能性があるので注意しましょう。

ワンちゃんと水遊びできる場所は上記のようなものがあります。
安全には気をつけて、夏のアクティビティを楽しみましょう!


スポンサーリンク