ペット保険 必要 加入者数

ペット保険の必要性は?病気やケガはどのくらい負担してくれるの?

ペットの病気の治療費。高額だと数十万円?

ペット保険 犬 猫 種類 費用
Katlene Niven

ペットが病気になってしまった場合、手術費入院費がどのくらいかかるかご存知でしょうか?

下記はペットの手術・治療の代表的なものの料金概算です。

病気の種類 症例 費用の目安
骨の病気 骨折・脱臼など 40,000円〜
眼の病気 結膜炎緑内障・白内障など 50,000円〜
感染症 対症療法・ワクチン接種 5,000円〜
耳の病気 外耳炎・中耳炎・耳血腫など 20,000円〜
皮膚の病気 ノミ・ダニ・アレルギーなど 10,000円〜
消化器の病気 毛球症・胃腸炎など 8,000円〜
神経の病気 椎間板・横隔膜ヘルニアなど 280,000円〜
泌尿器の病気 結石・膀胱炎など 150,000円〜
心臓の病気 心臓・血管の異常など 350,000円〜
予防治療 定期的なワクチン接種 3,500円〜

※料金は大まかな目安であり、各施設によって詳細が異なります。

これらの治療費に加え、入院費用やレントゲン費用などもプラスアルファで加わる可能性もあります。

猫や犬なども大きな病気にかかり手術が必要なケースだと、数十万円といった大きな金額になってしまいます。

事故によるケガや、病気の発症はいつ起こってしまうか分かりません。

また、ペットの健康寿命が伸びていることもあり介護が必要になってくるケースもあります。

基本的な犬の世話にかかる生涯費用は約200万円、猫の生涯費用は約100万円ほどかかるといわれています。

万が一ペットが大きな病気にかかってしまった場合、これらの生涯費用に加え入院・通院・治療費がかかってしまいます。

突然の大きな出費に困ってしまわないよう、負担を少なくするため現在では様々なペット保険が普及しています。

ペット保険の必要性は?

ペット保険 必要 加入者数
kitty.green66

大事な家族の一員のペット、しかしいつ病気や事故に巻き込まれてしまうかわかりません。

・突然体調が悪くなった
・他の犬や猫とケンカしてしまった
・高齢化とともに体調を崩すことが多くなった
・飼い主の見ていない所で誤飲や誤食をしてしまった
・留守番中に家の中で怪我をしてしまった
・病気の対応がわからず飼い主が誤った治療をしてしまう
・食べ物、飲み物が体質に合わずアレルギーを発症してしまった

ペットは人間と違って言葉を発することができず、飼い主さんの知らないところで病気にかかってしまっているリスクがあります。

■猫がかかりやすい病気一覧


■犬がかかりやすい病気一覧


普段の体調変化のサインに気づいてあげなければ、飼い主さんの気づかないところで大きな病気にかかってしまうリスクがあります。

手術や入院が必要な大きい病気にかかってしまった場合は、治療費で数十万円かかってしまうというケースもあります。

そのような大きな出費に備えるため、近年ペット保険は注目を集め、2015年時点で100万人近くの利用者がいます。

ペット保険 加入者数 推移 データ

ペット保険ってどんなもの?受けられるサービスは?

ペット保険 金額 値段 サービス
GotCredit

現在では、大手の保険会社携帯キャリアの各社など様々な企業がペット保険を取り扱っており普及しています。

ペット保険で受けられるサービスとはどのようなものなのでしょうか。

ペット保険のサービスの特徴としては大きく下記の例があります。

1,病気やケガの際の通院・入院・手術費用の治療費を負担
2,月額1,000円以下のものから補償の手厚い月額数千円のものなど
3,オプションで健康相談やしつけ相談、対物・対人補償なども

ペット保険も普及しつつある現在、保険業者によって多種多様なサービスが展開されています。

サービスの内容や、各保険業者の選定基準などは実査の口コミを参考にしてみることも一つの手段です。

下記では、ペット保険が必要と感じた状況や、実際の補償の対応の口コミなどをまとめています。


ペット保険にはどんな種類があるの?

ペット保険 比較 資料

現在ペット保険は様々なサービスがあります。

ペット保険を選ぶ際はいくつか比較しておくべき項目があります。

・価格と補償内容
・治療回数や治療費の制限の有無
・ペットの年齢や健康状態による加入制限の有無
・多頭飼育の場合の割引
・対応している動物の種類
・動物病院の対応数
・アフターサービスの充実度

「ペット保険について知りたい!」と考えている人はまず、ペット保険を比較してみましょう。

各社によって補償内容、料金は大きく異なります。

資料請求は無料でできるので各社の取り扱っている内容を比較してみましょう。